Argo Mailの基本設定

| コメント(0) | トラックバック(0)
スタートアップ(ディスクトップの右下)のアイコンを右クリックし、中程の Option をクリックする。








設定画面( Option )が表示されるので、順次設定をして下さい。
まず General タグをクリックします




・DNS Server
あなたのプロバイダから指定されたDNSサーバのIPアドレスを指定して下さい。(プライマリDNS、セカンダリDNSがある場合はプライマリDNSを指定します。)


・Load Server at Windows Startup
Windows 起動時にサーバーも同時起動する。


・Automaticallty Start the Server
ArGoSoft Mail Server アイコンクリックで自動でスタートする。


・Allow Relay
チェックが入れないとSMTPサーバが送信の動作しません。(受信専用で使用される方はチェックをはずしてください )


・Hide Passwords In Logs
Logのパスワードをかくします。


・Local Host
空欄にしていても使用することが出来ます。
ちなみに、私は設定していません。


・Do Not Use Web Interface
チェックなしだとブラウザから設定やメールを読み出すことができるので、チェックを入れて使用不可にしておいた方が良いでしょう。


・Allow Creation of Accounts from Web
チェックを入れると、ブラウザからユーザーアカウントの追加設定などができます。
スパムメールなどに利用される可能性が高いので、チェックは入れない方が良いでしょう。








次に Local Domains タグをクリック。
中断よりやや下の方に細長い空欄があるので、あなたのドメインを入力して Add をクリックして下さい。








中程の空欄にあなたのドメインが表示されたと思います。








Ports タグをクリックする。
Web Interface は他との干渉を避けるために 8080 に設定する方が無難です。








Logging タグをクリックする。ハードディスクに余裕があるのであれば、すべてにチェックしておいた方が良いでしょう。








SMTP Authenticatiom タグをクリックする。

・Enable SMTP Authenticatiom
SMTP の認証を設定します。チェックを入れることで、登録ユーザーのみがこのサーバーを利用して送信が可能に成ります。
OFF で使用すると、スパムメールなどに利用される可能性が高いので、注意が必要です。


・User POP3 User Name and Passwords
受信の時の設定です。チェックを入れると、メール受信時にユーザー名とパスワードによる POP3 認証が可能になります。








スタートアップ(ディスクトップの右下)のアイコンを右クリックし、中程の Users をクリックする。








ユーザー登録画面( User Setup )が開きますので左上の Add New User をクリックします。








Genetal タグをクリックする。
User Name : ユーザー名を入力します。
Password : パスワードを入力します。
Confirm Password : 確認用に再度パスワードを入力します。
入力が終わったら OK をクリックする。








これでユーザー登録が終了しました。








参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3765

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜