自作PC 1号機

| コメント(0) | トラックバック(0)
ビデオファイルのコンバートやオーサリングに時間がかかり過ぎる愛用のディスクトップPC、そろそろ更新しようと思います。



    目標スペック
    CPU : Intel Core2Duo Socket775(デュアルコア)
    マザーボード : Type 965 (ATX) Socket775
    DIMM(Memory) : DDR2-800 SDRAM PC-6400
    光学ドライブ : DVD マルチ
    予算 : 7〜80,000円



最初にお断りしておきます。あくまでも部品選定の方法、選定順位など、ズブの素人の私のやり方なので間違っても真似などしない方が身のためですぞ!(^_^;)



「だったら Blog 公開なんかするなー!」って声も聞こえそうですが…
ごもっともです、はいっ! そこはご愛敬と言うことでお願いします。



はじめに CPU の選定からはじめましたが…

「うっワぁーーーっ! たっけェー!」が第一声。
これ買ったら予算の半分を既に使い切ってしまうで無いかぁ!
と、言うことで早くも CPU Core2Duo は断念する事に成った。(^_^;)
(ちなみに価格は、3〜40,000円)



デュアルコア は最低でも譲れないので Intel Pentium D と、言うところで手を打つことにします。
Intel Pentium D リテール品なれど新品未開封と言うところで Get







スペック

Intel Pentium D 820 2.80Ghzx2 デュアルコア

FSB : 800MHz

L2 Cache: 2M

ソケット : LGA775

Type : EM64T

付属品 : CPU FAN

格安の 12,800円 でした。(ヤフオク)










つづいて、これに合ったマザーボードを探すことに。


当初の予定では マザーボード : Type 965 (ATX) Socket775 でしたが、CPU の変更と同時にこちらも仕様変更に成ります。
たまたま良く利用している家電ショップでマザーボードの在庫整理に会いました。全品 20〜30% OFF 日本人これには弱いでからすねぇー!

あっ! そこで『ギクッ!』っとしているあなた、そうそうあなたです。
経験有りそうですねェ? (笑)


今回選んだのは、 MSI 945P/G/PL Neo2








スペック

CPU : Intel Pentium D/Pentium 4/Celeron D プロセッサー

      800/600/500/300

FSB : 1066/800/533MHz

チップセット : Intel 945P+ICH7

ソケット : LGA775

拡張スロット : PCI Express x16 ×1 , PCI Express x1 ×1

         32bit PCI×4

サウンド : ALC850 8chサウンドコーデックチップ搭載

USB : USB2.0 I/Oパネル部に4ポート

      +ビンヘッダ4ポート装備

ネットワーク : ブロードバンド対応10/100/1000BASE-T

Memory : DDR2 667/533MHz規格準拠 アンバッファード

          DDR2 SDRAM対応、デュアルチャンネル対応、

          メモリスロット4基搭載、最大実装4GB

価格 12,400円












マザーボード(交換しました
ASUS P5B-E Plus(新品)








つぎのターゲットは… Memory です。

これも、マザーボード の変更に伴っての仕様変更します。
CPU が Core2Duo から Pentium D にスペックダウンしたので、Memory には余裕を持たしたいとおもいますので、2GB を導入しようと思います。







スペック

容量 : 1GB × 2

規格 : SDRAM PC5400(DDR2-667)

ピン数 : 240ピン

バルク品

価格 18,500円












ここでHDDの選定をしますが、


選定基準として「HDDの選び方」でも説明している様に 3.5 インチ 160GB で選びたいと思います。






スペック

Type : HITACHI Deskster HDS72161PLA380

容量 : 160GB × 2

回転数 : 7200rpm

インターフェイス: Serial ATA

価格 13,000円












そして光学ドライブの選定です。


予定通り、DVDマルチドライブで選びます。






スペック

Type : LG GSA-H12N

DVD±R : 18倍速

DVD-RAM : 12倍速

DVD-R DL: 8倍速

DVD+R DL: 10倍速

価格 4,850円













最後にグラフィックボード です。


私の場合は、ゲームなどに殆ど使用することが無いので、ローエンドタイプで十分だと思いますが、主にゲームなどを楽しむ方であれば、ハイスペックの物を選んで下さい。






スペック

Type : GeForce6600

Memory : 128MB/128bit/DDR

インターフェイス: PCI Express 16

価格 4,500円












ケースはミドルタワー(ATX)にしました。


価格 8,000円(電源ユニット付き)







これで部品はすべて揃いましたので、いよいよ組み込み開始です。
各部品の取り扱い説明書を参考に、セットしていって下さい。



注意すべき点は配線の接続時のプラス(+)・マイナス(−)の極性を間違いない様に気をつけて下さい。


黒・白がペアーに成っている配線は、白がマイナス(−)、赤・白がペアーに成っている配線も白がマイナス(−)と覚えておいて下さい。



各配線の先に付いているピンプラグには HDD FDD FAN などネーミングされており、多くのマザーボードはネーミング部分が外向きに成るように差し込むピン配置に成っていると思います。


組み込み完了です





制作費 : 69,200円

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3767

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜