L2 Cache とは?

| コメント(0) | トラックバック(0)
エルツーキャッシュ (別名:セカンダリキャッシュ)

マイクロプロセッサ内部に設けられた高速な記憶装置。
ここに使用頻度の高いデータを蓄積しておくことにより、低速なメインメモリへのアクセスを減らすことができ、処理を高速化することができる。


2段階のキャッシュメモリを搭載したCPUにおいて、CPUが最初にデータを読みに行くのが、より高速でより容量の小さい1次キャッシュ。


1次キャッシュにデータがなかった場合は、より低速でより容量の大きな2次キャッシュに読みに行く。


2次キャッシュになかったデータはメインメモリに読みに行くことになるが、3次キャッシュがある場合はメインメモリより優先して3次キャッシュのデータが読み込まれる。


(参考サイト:IT用語辞典より





参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3773

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜