自作PC 4号機

| コメント(0) | トラックバック(0)
4号機はサーバーPCの更新です。数年使用してきたPCをサーバーとして運用してから4年目、近年めまぐるAしく進化していく環境に付いていけなく成ったのが現状です。


    と言うことで今回の目標スペックは

    CPU : Intel Pentium D Socket775(デュアルコア)
    マザーボード : Type 945 (ATX) Socket775
    DIMM(Memory) : DDR2-667 SDRAM PC-5300
    光学ドライブ : DVD マルチ
    予算 : 5〜60,000円




  • CPU

  • 自作PC1号機同様 Intel Pentium D 820 を選定しました。
    選定理由は、ただ1号機で気に入っていたのと安かったから。(*^_^*)







    スペック
    Intel Pentium D 820 クロック2.80Ghzx2 デュアルコア
    FSB : 800MHz
    L2 Cache : 2x1MB
    ソケット : LGA775
    Type : EM64T
    付属品 : CPU FAN
    格安の 10,980円 でした。(ヤフオク)









    • マザーボード

    • 予定では Type 945 (ATX) Socket775 でしたが、 Intel 製で Type 965 (ATX) があったので、今後を睨んで Core2 Duo を搭載可能な DG965WH にしました。







      スペック
      CPU : Intel Core2 Duo/Pentium D/Pentium 4/Celeron D プロセッサー
      FSB : 1066MHz
      チップセット : Intel G965 Express
      ソケット : LGA775
      拡張スロット : PCI Express x16 ×1 , PCI Express x1 ×3 , PCI×3
      ストレージ : Serial ATA×6 (3.0Gb/s) , Ultra ATA/100×1
      RAID : 0、 1、 10、5 および インテルR Matrix RAID
      サウンド : ハイデフィニション・オーディオ: 7.1 サラウンドサウンド Dolby Home Theater
      USB : USB2.0 I/Oパネル部に6ポート+ピンヘッダ4ポート装備
      ネットワーク : インテルR PRO 10/100/1000 ネットワーク・コネクション×1
      Memory : pc4-6400/5300/4200 DDR2 SDRAM(DDR2-800/667/533)
      デュアルチャンネル対応、メモリスロット4基搭載、最大実装8GB
      価格 15,000円 (ヤフオク)










    • Memory

    • SDRAM PC5300(DDR2-667)







      スペック
      容量 : 1GB × 2
      規格 : SDRAM PC5300(DDR2-667)
      ピン数 : 240ピン
      バルク品
      価格 6,880×2=13,760円












    • ハードディスク

    • 3.5 インチ 160GB × 2
      サーバーPC用と言うことで、RAID 1 を目的にHDDを2機搭載します。







      スペック
      Type : HITACHI Deskster HDS72161PLA380
      容量 : 160GB × 1
      回転数 : 7200rpm
      インターフェイス : シリアル ATA
      価格 6,800円×2=13,600円












    • 光学ドライブ

    • 今回もお決まりの、LG製 DVDマルチドライブです。
      LG電子(国内正規品) Super Multi DVD Writer GSA-H44N WH 白ベゼル バルク品 未使用新品。
      1号機で使用した LG GSA-H12N の後継機種で読み書きのスピードが若干アップしました。







      スペック
      Type : LG GSA-H44N WH
      DVD±R : 18倍速
      DVD-RAM : 12倍速
      DVD-R DL : 10倍速
      DVD+R DL : 10倍速
      価格 4,880円












    • 電源

    • 筋肉電源 DR-B400NIKU(24P-8CM)
      コネクタ : 24/20ピン両用
      出力 : 400W
      価格 3,480円






    • ケース

    • ミドルタワー(ATX)
      今回は、大型ファンにしてみました。
      大型ファンですが、なかなか静かなファンで音が気になりません。
      価格 3,980円(電源ユニットなし)







    組み込み開始


    1.CPUを実装する。

    先ず、マザーボードにCPUを取り付けます。
    取り付けレバーをロックから外し、120°程引き上げます。
    保護カバーを取り外しCPUをマークに合わせそっと置きます。
    ピンを曲げないように、取り付けレバーをそっと下ろしレバーをロックに掛ける。








    2.冷却ファンを取り付ける

    CPUとヒートシンクの間に熱伝導の為のグリスを塗るか熱伝導シールを貼ります。ちなみに私の場合は、熱伝導シールを貼っています。


    四隅にあるロックピンを、カチッとおとがするまで押し込みます。

    取り付けが終わったら、配線を接続します。








    3.Memory の実装

    ハーモニック端子部には、方向性を間違えないように突起物が付いているので、メモリーカードの溝を突起物に合わせて実装しよう。


    両サイドのロックが「カチッ!」音がしてロックが掛かったのを確認する。








    4.マザーボードをケースに取り付けます。

    ケースに付いているI/Oシールドを取り外し、付属のI/Oシールドを取り付ける。


    マザーボードをI/Oシールドと取り付け穴に合わせてセットし、付属の取り付けビスで固定する。








    5.ハードディスクや光学ドライブを取り付けます。

    ハードディスクや光学ドライブの電源配線や電源スイッチ・リセットスイッチ・HDDのLED・USB等の配線を接続します。








    6.完了です。






    予算より 5,680円の足が出ましたが、予定していたスペックより高スペックに成ったことで、良しとしよう。



    制作費 : 65,680円

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3785

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜