ウインドウを高速表示する

| コメント(0) | トラックバック(0)
Windows は、子供からお年寄りまでが簡単に使えるように、使いやすさ重視の設定になっています。

それが故に、ウインドウの表示速度が故意に抑えられているようです。


現状の表示速度に不満を感じている様であれば、レジストリの設定を変更して、表示速度を速くしてみましょう。


変更前の注意

レジストリには Windows を起動したり、アプリケーションを起動するための重要な設定が保存されています。
その為、設定変更を間違ったり、設定箇所を間違ったりした場合 Windows やアプリケーションが正常に動作しなくなったりします。
設定変更前には、必ずシステムの復元ポイントを作成するか、レジストリのバックアップを作成して置いて下さい。
また、設定変更は、自己の責任の下に行って下さい。
設定変更に依るトラブル等の責任は負いかねますので、呉々も慎重に行って下さい。





「スタート」メニューの「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力して[OK]をクリックする。


レジストリエディタが起動したら、「 HKEY_CURRENT_USER / Control Panel / Desktop / WindowsMetrics」と選択していく。

フォルダ左部分の+をクリックするとサブフォルダが表示されます。





HKEY_CURRENT_USER を選択








Control Panel を選択








Desktop を選択








WindowsMetrics を選択








右側に「MinAnimate」キーが表示されるので、「MinAnimate」キーをダブルクリックする。








「文字列の編集」画面が表示されるので「値のデータ」に「 0 」を書き込みむ。(初期設定は「 1 」です)








入力が終わったら[OK]をクリックして終了です。








設定を有効にするには、Windows を再起動して下さい。





参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3791

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜