仮想メモリーをDドライブに

| コメント(0) | トラックバック(0)
仮想メモリーは Windows セットアップ時に、自動的にシステムドライブであるCドライブに設定されるが、システムドライブの負担を軽くしたいなら、Dドライブへ移行しよう。


変更前の注意
設定変更は、必ず自己の責任の下に行って下さい。
設定変更に依るトラブル等の責任は負いかねますので、ご承諾の上作業を進めて下さい。





「スタート」メニューの「コントロールパネル」を開き[パフォーマンスとメンテナンス]をクリックします。








次に、下段にある[システム]をクリックします。








システムのプロパティの「詳細設定」タブをクリック。








つづいて、パフォーマンス欄にある[設定]をクリックする。








パフォーマンスオプションが表示されるので「詳細設定」をクリック。








下段にある「仮想メモリ」の[変更]をクリックする。








つぎに、移動させたいドライブを選択します。ここではDドライブとして進めていきます。
ただし、Dドライブの空き容量がCドライブの空き容量より小さいようであれば、この変更は無意味なので中止して下さい。








カスタムサイズを選択し、初期サイズ、最大サイズをCドライブと同じように入力します。
Cドライブの右側に表示されているのが、初期サイズと最大サイズですが、この数値はパソコンの環境によって異なります、あなたの環境での数値を入力して下さい。
入力が完了したら[設定]をクリックします。








最後に、Cドライブの仮想メモリを解放します。
Cドライブを選択し「ページングファイルなし」にチェックを入れ[設定]をクリックします。








Cドライブの仮想メモリが解放されたのを確認したら[OK]をクリックします。






設定を有効にするには、Windows を再起動して下さい。





参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3793

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜