ハードディスクを最適化

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近データの読み込みに時間がかかるように成ってきた、なんて感じた事がありませんか?


実は、画像データやデータファイルの書き込みや削除を繰り返していると、知らぬ間にデータが断片化された状態でHDDに保存されてしまっているのです。


この断片化された状態のデータを読み込むと、一つずつ断片化されたファイルをかき集めながら読み込むため、HDDへのアクセス時間が長くなってしまうのです。


Windowsには、この断片化されたファイルを一つのファイルにしてくれる機能(ディスクデフラグツール)が備えられています。
パソコンを快適に使いたいのであれば、ディスクデフラグは定期的に実行しておきましょう。


処理時間はパソコンの環境によっても大きく左右されるので空いてる時間にディスクデフラグすることをお勧めします。





「スタート」メニューの「すべてのプログラム」から「アクセサリ」「システムツール」と進み、「ディスクデフラグ」を選択する。








ここで、ディスクデフラグをしたいHDDを選択し(ここではCドライブとします)[分析]をクリックします。








分析が完了すると、「分析が完了しました、このボリュームを最適化する必要はありません。」と出ることがありますが、実際には断片化は進んでいます。
定期的に最適化している場合は良く出ますので、無視してそのまま[最適化]をクリックする。








最適化が始まり下段に処理状況が%で表示されます。








「最適化が完了しました。」と表示がでたら、ディスクデフラグの終了です。そのまま[閉じる]をクリックします。








参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3797

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜