RWINとは?

| コメント(0) | トラックバック(0)
RWIN(Receive Window)アールウィン
TCP/IP経由でデータを受信しているコンピュータが、受信確認を送信側に送る間隔を示す値。



TCP/IPでは一定量のデータを受信するたびに受信確認を送るという方式をとっているため、RWINの単位は「バイト」になる。


例えば、RWINが64KBになっているコンピュータで1024KBのデータを受信する場合、最初の64KBを受信すると受信確認を送り、次に128KBまで受信するとまた受信確認を送り…といった具合になり、これが全データを受信するまで繰り返される(この例では16回)。


受信したデータに異常があった場合の再送信要求も、最小限のデータだけで済ませる仕様(「Selective ACK」と呼ばれる)も用意されているものの、基本的にはRWINで指定されたデータ量単位で行われる。


(参考サイト:IT用語辞典より





参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3801

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜