インターネット一時ファイルとCookieの削除

| コメント(0) | トラックバック(0)
インターネットの一時ファイルは、WEBサイトを閲覧する度に勝手に溜まっていってしまい、知らないうちにハードディスクを圧迫しています。


では、なぜ一時ファイルが必要なのか?
皆さんも一度は経験している、WEBサイト閲覧中の「戻る」や「進む」などの操作。
もし、一時ファイルが無ければ「戻る」や「進む」などの操作をする度に、再度WEBページをダウンロードしてこなければ成りません。一度ダウンロードしたWEBページを再度ダウンロードするなんて事は無駄以外の何者でもありませんね。
一時ファイルはこうした無駄を無くす為に必要な訳です。


Internet Explorer を起動し「ツール」→「インターネットオプション」を開きます。
ブラウザのバージョンによっては、表示が違いますが基本的なやり方は同じです。








『全般』タグをクリックし「閲覧の履歴」の[削除]をクリックします。








「インターネット一時ファイル」の[ファイルの削除]をクリックします。








『ファイルの削除』で[はい]をクリック。








削除が完了したら、ついでに Cookie も削除しておきましょう。
『Cookie』の[Cookie の削除]をクリックします。








『Cookie の削除』で[はい]をクリック。








削除が完了したら[閉じる]をクリックします。
『履歴』や『フォームデータ』も必要に応じて削除する様にして下さい。








「閲覧の履歴」の[設定]をクリックします。








「使用するディスク領域」を少なめに設定します。インターネットの環境によっては推奨される最大領域が良い場合もありますが、速度の速い回線を使用している場合は少ない領域でも何ら問題は無いようです。
領域設定が終わったら[OK]をクリックして終了します。








参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3807

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜