不要常駐ソフトの整理

| コメント(0) | トラックバック(0)
タスクトレイにある不要な常駐ソフトを見直して、パソコンの起動を早くする。


アプリケーションソフトに依っては、インストール時に勝手にスタートアップに登録してしまうものがある。しかし普段使用しないものまで登録されると、無駄にリソースを使用してしまいパソコンの起動や動作が遅くなってしまう。


「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」→「スタートアップ」を開き、削除したいアイコンを右クリックし[削除]をクリックする。








『Windows Messenger』は、使用するときに起動する様にし常駐を停止しておく。まず Windows Messenger を起動し「ツール」→「オプション」をクリックします。








「設定」タグをクリック。








『全般』の「Windows の起動時に Windows Messenger を起動する」と「Windows Messenger をバックグラウンドで実行することを許可する」のチェックを外し[OK]をクリックする。






次回立ち上げから有効です。



「スタートアップ」に登録されていない常駐ソフトを停止する。
「スタート」メニュー→「ファイル名を指定して実行」をクリックし『名前』に msconfig と入力して[OK]をクリックする。








「スタートアップ」タグをクリック。








左側の「スタートアップ項目」から、削除したい項目を選択しチェックを外し[OK]をクリックする。項目内には、システムが使用している常駐ソフトも存在しますので確実な項目だけチェックを外して下さい。








参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3809

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜