システムの復元のディスク容量を見直す。

| コメント(0) | トラックバック(0)
システムの復元に使用する格納データは、システムドライブの空き容量を圧迫している。


システムの復元ポイントは、手動で作成できるが自動でも勝手に作成される時がある。
これを放置しておくと、知らない間に復元データが肥大化しシステムディスク領域までも圧迫してしまう恐れが出てくる。
こう成るとパフォーマンスの低下にもつながり、最悪の状態でパソコンを使用することになる。



『マイコンピュータ』を右クリック→「プロパティ」をクリックする。








『システムのプロパティ』から「システムの復元」タグをクリック。








先ず、使用するディスク領域を制限します。
Cドライブを選択し[設定]をクリック。(通常はCドライブだと思います)








スライダーを左右に動かし、容量を調整し[OK]をクリックする。








つづけて[OK]をクリックする。








『スタート』メニュー→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「ディスククリーンナップ」をクリックする。








Cドライブを選択し[OK]をクリック。(通常はCドライブだと思います)








『ディスククリーンナップ』で「詳細オプション」タグをクリックする。








「システムの復元」の[クリーンナップ]をクリック。








「最新のシステムの復元ファイル以外の古い復元ファイルを削除しますか?」で[はい]をクリック。








つづけて[キャンセル]をクリックして終了する。








「Windows コンポーネント」「インストールされているプログラム」「システムの復元」すべてをクリーンナップする場合は[OK]をクリック。








「これらの操作を実行しますか?」で[はい]をクリック。








参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3812

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜