かに、蟹、カニ

| コメント(0) | トラックバック(2)
今年もまた、カニの美味しいシーズンがやって来ました。
こうなれば、日本海に行くしか無いでしょう!





カニのシーズンに成ると、毎年2〜3回は足を運ぶ兵庫県の香住漁港。

兵庫県美方郡香美町香住区境1125
地図の使用法




ここ、香住は兵庫県の北部に位置し、大阪から車でのルートは中国道〜舞鶴自動車道福知山IC〜R9号〜R426号〜R178号で入るのが一番の経済的ルート(笑)だと思います。


私がこの季節に走るルートは、R176号〜R173号〜R9号〜R426号〜R178号で入るのが一番好きです。

何故なら?

一番の経済的ルートであるから(大笑)
と、山々を彩る紅葉が綺麗だからです。


ただ、香住までは片道190Km程有りますので、下道オンリーで走るのは一般の方には過酷かと思いますので、無理をせず高速道を利用する方が良いかと思います。


お目当ては、香住漁港の近隣にある朝市。








私がよく利用する店は、この中の一軒です。








我が家には大のエビ好きが居まして、以前大量に「エビ、海老、えび」を買ったことから顔を覚えられてしまったようでして…


最近は顔を見たら、勝手に値段を決めてくれる始末。(笑)
値段交渉の手間が省けています。
ヘ(・_・*ヘ) オハズカシイ・・



今回のお買い物

ズワイガニ5杯、シマエビ1ケース



ズワイガニ2杯は、お決まりのカニ刺し。

残り3杯と頭は、ボイルでいただきました。


嬉しさのあまり、画像を残すのを忘れてしまいました。
(*v.v)。ハズイ。。。。



今年のカニみそは絶品の一言です。
脂がのり、まったりとした舌触り。10月に既に一度いただいていますが、比べものに成りませんでした。




カニ刺し(自己流)

足の先から第一、第二、第三(付け根)として説明します。

第三関節付近で切り離します。

第一、第二関節の間で第一関節を切り落とします。

足を裏に向け、第二関節を持って白く柔らかい甲羅部分を包丁でそぎ落とします。この時あまり包丁を入れすぎると、身までそぎ落として食べるところが無くなってしまうので注意しましょう。(笑)

そぎ落とし始め部分の両側にも包丁を入れます。(ポイント)

足を表に向け、そぎ落とし始め部分の反対側の甲羅に包丁を入れます。

再度足を裏に向け、第二関節を90度起こし先程包丁を入れた部分を折り、そのまま身を足の太い方に向かって引っ張り出します。

ポイント部分でしっかりと包丁が入っていないと、身が殻に付いて身崩れを起こしてしまいます。
いま、ギクリとした貴方!心当たりが有るのでは?

取り外した身を素早く冷水に泳がせます。

暫くしたら花が咲いたように成ります。

ただ、タラバガニとは身質が違うので、タラバガニほど花は咲きにくいと思います。

カニ刺しは極力生きたカニを使用してください。生きたまま包丁を入れるのが苦手な方は、真水に1〜2分程度浸けておくと動かなくなりますので、それから調理するようにして下さい。

G_Pocket さんでも、カニの美味しい食べ方を紹介していますので参考に成るかと思います。
それでは、検討を祈ります。





一度挑戦してみようと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



トラックバック(2)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3818

Excite エキサイト : 社会ニュース ------------------------------- 【コラム】 “生食用”と“加熱用”の違... 続きを読む

って事で、ボージョレ・ヌーボーの白も購入しました♪ 白って言えば、海鮮ですよね!? 海鮮大好きな男ですので、ココは蟹さんでしょ!! ... 続きを読む

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜