ハードウェアの安全な取り外し2

| コメント(0) | トラックバック(0)
USBに接続したハードウェアを、安全、且つ素早く切り離したいと思った事は有りませんか?


USBに接続したハードウェアを、安全、且つ素早く切り離す為に取り外しドライバーの導入をしたいと思います。


ここで使用するフリーのソフトは I Unknown さんの UnplugDrive Portable です。



変更前の注意
ここから先は、フリーソフトを使用しての確認、変更となりますので、ソフトウエアーのダウンロード又は、インストールやアンインストールを熟知した方を対象とさせて頂きます。
設定変更前には、必ずシステムの復元ポイントを作成するか、レジストリのバックアップを作成して置いて下さい。
また、設定変更は、自己の責任の下に行って下さい。
設定変更に依るトラブル等の責任は負いかねますので、呉々も慎重に行って下さい。



I Unknown さんにアクセスします。








左側の中段より下ぐらいに UnplugDrive Portable があるのでクリックします。





右側にある『ダウンロード UnplugDrive Portable Ver. 0.4.1.2』をクリック。







『このファイルを実行または保存しますか?』で[保存]をクリックし好きな場所を選択し、保存して下さい。








保存して置いた『UNPP0412.ZIP』のアイコンをダブルクリックして解凍します。解凍が完了したら、USBメモリ又は、USB外部記憶装置を接続します。








解凍先ホルダーに3つのファイルが出来ていると思います。
このうちの UnplugDrive.exe と Autorun.inf をUSBメモリ又は、USB外部記憶装置の中にコピーします。








コピーが完了したら、UnplugDrive.exe をクリックしてみましょう。








取り外しメッセージがでたら、USBメモリ又は、USB外部記憶装置の取り外しが出来ます。この方法だと、まず間違いなく取り外したい記憶装置を切り離すことが出来るので安心ですね。








参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3822

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜