お天気を表示する。

| コメント(0) | トラックバック(0)
ホームページに、各地の天気をプルダウンで表示してみる。


変更前の注意
定番ですが、変更は必ず自己の責任の下に行って下さい。
変更に依るトラブル等の責任は負いかねますので、ご承諾の上作業を進めて下さい。



設置環境は、JavaScript が動作できる環境であれば多分設置可能だと思います。


Drk7.jp さんから配布されている Drk7jpWeather.zip を導入します。
Drk7jpWeather.zip をダウロードします。








少し下がったところに、JavaScript 一式をインストールする ≫の
[スクリプトはこちら(Drk7jpWeather.zip)]をクリックする。








[保存]をクリックし適当な場所に保存して下さい。








ダウロードした Drk7jpWeather.zip を解凍します。









解凍が完了すると

index.html
prototype.js
xml2json.js
Drk7jpWeather.js

の4つのファイルが出来ますので(index.html)を除く
(prototype.js)(xml2json.js)(Drk7jpWeather.js)の3ファイルをホームページの index.html の設置されているパスにアップロードする。


文字コードを変更せず、アップロードして下さい。script を改変する場合は、UTF-8 で BOM つき(UTF-8-flag を ON にする)で保存下さい。

windows 環境へのアップロードはMySQLのインストール時に設定した言語に変換後アップロードして下さい。





設置するテンプレートを編集します。

お天気を表示したいページの <head>〜</head> 間に以下のスクリプトを追加します。 </head> の前あたりが適当かと思います。

<script language="javascript" src="<$MTBlogURL$>prototype.js"></script>

<script language="javascript" src="<$MTBlogURL$>xml2json.js"></script>

<script language="javascript" src="<$MTBlogURL$>Drk7jpWeather.js"></script>



つぎに、お天気を表示したい場所に以下を追加します。

<div id="jwfx_menu"></div>
<div id="jwfx"></div>



以上で Drk7jpWeather の導入は完了です。
完了したらメインページの保存と再構築を行って下さい。サイトを確認すると、指定した場所にお天気が表示されていると思います。








参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3831

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜