2代目 Skyline

| コメント(0) | トラックバック(0)
プリンス・スカイライン S50型 (1963年〜1968年)
初代 狼出現!


2代目スカイライン
写真は carview さんよりお借りしています。


型   式:S50
全   長:4100mm
全   幅:1495mm
全   高:1435mm
車両総重量:960kg
エンジン :G1型 直列4気筒 OHV
排 気 量:1484cc
最高出力 :70ps/4800rpm
最大トルク:11.5kg−m/3600rpm





1963年、スタンダードとデラックスの小型ファミリーセダンが発売。
排気量1.5Lで「第一回日本グランプリ」に参戦を果たすも結果は散々であった。



いま考えると「(* ̄m ̄)プッ 1.5Lで良くグランプリに参戦したな」なんて事を思うかも知れませんね。
当時2.0Lが最高の排気量の時代、しかもプリンス自動車が技術を駆使し挑んだグランプリ、誰もが勝てると信じて疑わなかったと思う。



1964年、ホイールベースを200mm延長し、拡張されたエンジンルームに座ったのは、直6(直列6気筒)の2.0Lエンジン(グロリア・スーパー6のG7型1988cc)だった。

型   式:S54A
出力:125馬力
キャブ: シングルキャブ(GT−A)

「スカイライン2000GT」の誕生である。

それと同時に、ここからがMr.スカイラインと謳われる櫻井眞一郎の歴史が始まった。


ホモロゲーション取得用に100台が限定生産される。

ホモロゲーション【homologation】
自動車レースに出場する車両の分類・規格などについての公認審査のこと。



そして「第二回日本グランプリ」に参戦。
今度は間違いなしの優勝と思われた第二回日本グランプリ、しかし、またもや前に立ちはだかった一台の車がいた。

ヨーロッパ生まれの公道を走れるレーシングカー?ご存じの「ポルシェ904GTS」だった。


ポルシェ904GTS

ミッドシップエンジンを搭載する量産型モデル
車両総重量:575kg
エンジン :水平対向4気筒 DOHC
排 気 量:1966cc
最高出力 :180ps/7200rpm




一度はトップを奪ったけれど、またも優勝を逃してしまうが、2位から6位までをスカイラインが独占、スカイラインの潜在能力の高さをアピールしたレースだったことは間違いなかった。

初代「羊の皮を被った狼」の誕生である。
GT−B
1965年に発売された「スカイライン2000GT」
型   式:S54B型
出力   :125馬力
キャブ  : ウェーバー製3連キャブ(GT−B)
最高速度:186Km/h





もっと知りたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3837

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜