3代目 Skyline

| コメント(0) | トラックバック(0)
スカイライン C10型 (1968年〜1972年)
ハコスカ ”GT−Rを生む!”


3代目スカイライン
写真は carview さんよりお借りしています。




1966年、当時の通産省指導による自動車業界再編計画に伴い、プリンス自動車は日産自動車に吸収される形で合併する。

スカイラインは3台目にモデルチェンジし、直4 1.5L SOHC の小型ファミリーセダンが発売。

2ヶ月後 日産製 直6 2.0L SOHC(通称L型)のホイールベースを延長したロングノーズの「2000GT」がラインナップされる。

初代フェアレディーZにも搭載され、チューニング用エンジンとしては鮮明に記憶に残っている。


私が初めて乗ったスカイラインは、このC10型ハコスカだった。とは言っても、当時中学生だった私が乗れるわけでは無かったので、知り合いの兄さんが乗っていたハコスカのナビシートに座っただけでしたが…
" "(/*^^*)/オハズカシー

ただ、走り出したときに、誰かが私の胸をナビシートに押しつけているのでは?と、錯覚させる程の「G」の感覚は今でも残っています。



1969年、2000GT−R”伝説の創生”が遂に追加ラインナップされる!
3thGT−R
型   式:PGC10/KPGC10
全   長:4330mm
全   幅:1665mm
全   高:1370mm
車両総重量:1375kg
エンジン :S20型 水冷直列6気筒 DOHC
排 気 量:1989cc
最高出力 :160ps/7000rpm
最大トルク:18.0kg−m/5600rpm



S20型エンジン
プロトタイプ・レーシングカーR380 GR8型を基本設計として製作されたエンジン。
産みの親は、中島飛行機時代からエンジン設計一筋だった中川良一氏だ。

S20型エンジンも、初代フェアレディーZ(通称Z432)に搭載されていたが、私が見たのは現時点までに1台のみ。
ハコスカGT−Rより、販売台数が少なかったのかな?


プロトタイプ【prototype】
実験的に少数作られるモデル、原型、基本型のこと。

R380
国産初のプロトタイプ・レーシングカーで1966年の「第三回日本グランプリ」でポルシェ906を抑え悲願の優勝を果たす。



”技術の日産”と謳われるように成ったのも、このころからで、車好きとヤンチャ系の人気を独占した。

そして、ここからがGT−Rの不滅の49連勝が始まったのである。


1969年5月に開催された「JAFグランプリ」(富士スピードウェイ)でトヨタ1600GTに敗れるも、トヨタ1600GTにペナルティー(進路妨害による1周減算)が課せられ3位に降格、結果繰り上がりで優勝となる。


この優勝を手始めとして国内のレースを総ナメ、2年10ヶ月に渡りトップを守り続け49連勝もの偉業を成し得た。


1972年、3代目スカイラインは、この年を最後にワークスへの参戦を終了、以後GT−Rがサーキットに姿を見せることは無かった。





もっと知りたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3838

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜