6代目 Skyline

| コメント(1) | トラックバック(0)
スカイライン HR30/KHR30 (1981年〜1985年)
NEW愛のスカイライン ”鉄仮面GT−R復活へ向けて!”


6代目スカイライン
写真は carview さんよりお借りしています。


ニューマン・スカイライン

1981年、スカイラインH/T ターボ2000GT−ESが発売される。


型   式:HR30/KHR30
全   長:4595mm
全   幅:1665mm
全   高:1360mm
車両総重量:1160kg
エンジン :L20ET型 水冷直列6気筒 OHCターボ
排 気 量:1998cc
最高出力 :145ps/56000rpm
最大トルク:21.0kg−m/3200rpm



当時、ハリウッドで人気だった俳優のポール・ニューマンがCMに登場、レーサーでもあったポール・ニューマンの起用はスカイラインのイメージにピッタリとハマッた。

このため、キャッチコピーは「NEW愛のスカイライン」だったが、「ニューマン・スカイライン」と呼ぶ方が多かったように記憶している。



バリエーションは、セダン、2ドアH/T、5ドアハッチバック、エステートと、歴代スカイライン最多に成った。

同時に、1600ccエンジンが廃止された。



L20E型 直6/L20ET型 直6 1998cc
Z20S型 直4/Z20E型 直4 1998cc
Z18S型 直4/Z18E型 直4 1770cc
LD28型 ディーゼルエンジン

でラインナップされる。



余談ですが…

「ニューマン・スカイライン」は、叔父が乗っており数回運転したことがありますが、何分に60過ぎの叔父が運転していたため3000回転以上回すことがなかったようで、アクセルベタ踏みしてもエンジンが全く吹き上がらなかった。

運転しながら、「後ろのエンブレムGT−EXやのうてTIちゃうんかぁ?」などと心の中で呟いていたことを今でも思い出します。



2ヶ月遅れて、S20型以来のDOHCエンジンFJ20E型直4(最高出力150ps)「2000RS」が追加される。


1983年、FJ20E型直4にターボエンジンを搭載したFJ20DET型直4(最高出力190ps)「RSターボ」が追加される。


後に、フロントのラジエーター冷却用のルーバーを廃止し、強さをアピールした中世の鎧を思わせる事から、「鉄仮面」の愛称で呼ばれる様になったのではないだろうか。



1983年、FJ20DET型直4にインタークーラーを搭載(最高出力205ps)したモデルが追加される。

通称:RS−X”TURBO−C”

205psは、歴代スカイラインの中で最強の仕様だったため、誰もがGT−Rの復活を期待していたが、その期待も空しく7代目へと移行した。





もっと知りたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3842

コメント(1)

拝見させていただきました。
またお邪魔します。

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜