出張帰りに富山の 世界遺産 合掌造り 集落に立ち寄って来ました。

| コメント(0) | トラックバック(0)


岐阜の白川郷ほど知名度は無いようですが、富山の南砺にも合掌造りの集落(世界遺産)が点在する。


砺波よりR156(通称:飛越峡合掌ライン)を岐阜方面へ南下し、R304に逸れると1〜2分で相倉合掌集落が見えてくる。(東海北陸道からは福光I/Cで降りR304へ)

世界遺産だが、人が居住する現役の民家です、拝観する時はゴミなどを残さない、民家を覗かないなどの最低限のマナーは心がけるようにしましょう。


相倉合掌集落





越中五箇山相倉集落

[map:36/25/19.387,136/56/20.686]
地図の使用法





R156に戻り更に南下して行くと、日本最古の民謡(こきりこ節)の発祥の地『こきりこの里』を通ります。ここにも「村上家」を中心に数件の合掌造りが点在しています。


こきりこの里



こきりこ節

 筑子の竹は七寸五分じゃ 長いは袖のかなかいじゃ

 窓のサンサはデデレコデン はれのサンサもデデレコデン

 向いの山をかづことすれば 荷縄が切れてかづかれん

 窓のサンサはデデレコデン はれのサンサもデデレコデン



'70年代に「こきりこ節」をフォーク調にアレンジされた物があり、当時グループで歌った事を思い出しました。

遠い昔の話です…けど(笑)





こきりこの里

[map:36/24/27.31,136/56/3.975]
地図の使用法





そのまま南下すると、次は菅沼合掌集落へ。

東海北陸道を岐阜方面に向かっていると、五箇山I/C手前で左手に合掌集落が見えてきます。バックに見えるのが、東海北陸道です。(東海北陸道五箇山I/Cから1〜2分)

ここもまた、人が居住する現役の民家ですのでマナーを忘れずに!


菅沼合掌集落





越中五箇山菅沼集落

[map:36/24/2.31,136/53/21.531]
地図の使用法





年配の方であれば、この飛越峡合掌ラインに点在する合掌集落を訪れると、昔懐かしい情景を思い起こされる方も多いかと思います。私もその一人?かな?


菅沼合掌集落



勿論、白川郷にも立ち寄ってきました。こちらは後日UPします。





これは行かなきゃ!と思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3896

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜