自作PC 6号機への準備 その二

| コメント(0) | トラックバック(0)


地上デジタル対応TVキャプチャボード GV-MVP/HS が使用できる チップセット Intel G965 以上のマザーボードを準備。


6号機は、主にTVとして使用する他に、動画ファイルのエンコードやオーサリングを目的として使用するので、先のことはあまり考えないでマザーボードの仕様を決めたいと思います。


投資する費用が無いのが本音です…



マザーボード
MSI G965MDH-FI(新品)






スペック
CPU : Intel Core2 Extreme X/Core2Duo E/Pentium D/
Pentium 4EE/ Pentium 4 900/800/600/500番台/
Celeron D 300番台 プロセッサー
FSB : 1066/800/533MHz
チップセット : Intel G965+ICH8DH
ソケット : LGA775
拡張スロット : PCI Express x16 ×1 , PCI Express x1 ×1 , 32bit PCI×2
サウンド : Realtek ALC883 HDオーディオ対応8ch
サウンドコーデックチップ搭載
USB : USB2.0 I/Oパネル部に4ポート+ピンヘッダにより
4ポート装備
RAID : ICH8DH SATA?URAID 0/1/0+1/5/MatrixRAID対応
6ポート搭載
IEEE1394 : VIA VT6307 I/Oパネル部に6ピン1ポート+ピンヘッダにより
1ポート装備
ネットワーク : IntelR82566DC 10/100/1000BASE-T ギガビットイーサ
ネットチップ搭載
Memory : DDR2 800/667/533MHz規格準拠
アンバッファードDDR2 SDRAM対応、 デュアルチャンネルメモリ
アクセス対応、メモリスロット4基搭載、最大実装容量8GB
I/Oポート : シリアル×1、パラレル×1、PS/2×2(キーボード/マウス)
FDD×1、パラレルATA×1(JMB20335)、SATA?U×6(ICH8DH)
D-Sub15ピン×1
VGA : G965内蔵 Intel GMA X3000
価格 6,000円(ヤフオク)



結局、キャプチャボードが使用できるギリギリの G965 である事と、キャプチャボードの I/F PCI Express x1 及び、後々 VGA が搭載可能な PCI Express x16 があると言うことで決めました。

それに FSB 1066MHz なので最終的には、Core2Duo の上位クラスも搭載できるし、との思いもありましたが…










次は、メモリーとHDDの準備に掛かります。




参考になった方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3912

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜