内臓HDDを外付けで使用する。

| コメント(0) | トラックバック(0)


内臓HDDを外付けで使用する為の方法はいくつもありますが、今回取った方法は…


私の常時使用しているPCは、500GB×2台、320GB×1台の合計3台仕様で使っています。

内訳
500GB:システム+アプリ+データ(C,Dドライブ)
500GB:C,Dドライブのバックアップ用(ミラーリングではありません)
320GB:その他データ用


ミドルタワーの中にHDD3台と成ると、発熱に対する温度にも気を使います。

特にこれからの季節は…


私の部屋がまた最悪で、窓が南と西に有り、しかも周りに何もないので直射日光を存分に浴びています。

普通であれば、喜ぶべき所ですが…

この場合は最悪のケースです。


そこで今回、以前より探していたパーツが手に入ったので、取り付けることにしました。

内臓HDDとして使用するのは1台のみとして、後は必要に応じて外部で接続しハックアップ、またはデータ保存と言った形を取りたいと思います。



内臓HDDを外付けで使用する為の方法はいくつもありますが、今回取った方法は費用的にもっとも安価で済むことを第一に考えました。


使用パーツ


SATA電源コネクタ/ブラケット付







接続ケーブル







完成型









本来探していたSATA電源コネクタ/ブラケット付には、SATAポートが2ポート搭載されていたのですが今はあまり出回って無いようです。

探せば有るのでしょうが、引き続き探してはみます…

取り敢えず、これで夏場を乗り切ることが出来そうです。





参考になった方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3962

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜