帯状疱疹後神経痛専用治療薬リリカカプセルの効果(其の一)

| コメント(0) | トラックバック(0)


プレガバリン(リリカカプセル)150mg(75mg×2)を1週間服用した結果は?


プレガバリンを朝(75mg×1)、夕(75mg×1)の2回、計150mgを1週間服用してきたが、結果は私の当初の予想通りの結果に終わった。


プレガバリンの服用方法が”成人には初期用量として1日150mgを2回に分けて経口投与し、その後1週間以上をかけて、1日300mgまで漸増させる。

年齢や症状によって適宜増減するが、1日600mgを超えないこととし、いずれも2回に分けて経口投与する。”

と成っていたことから、投与量に幅が有り過ぎる所が胸の奥底に引っ掛かっていた。


投与量に幅が有ると言うことは、症状に応じて最大600mgまで服用しないと効果が無いと言えよう。

そこで私が予想していたのは「150mg/日では痛みが退くことは無いだろうな。」だった。


では「300mgではどうか?」と言われたら、微妙かな?

と言うのも、私のヘルペスはかなりの酷さで、外来担当医の皮膚科の先生が自信を持って?「これは、かなり痛みが残るなぁ!」と言った程だったからだ。

実際、7ヶ月も立とうかと言うのに、胸にはヘルペスの跡がクッキリ、他と皮膚の色が違うので直ぐに解る。


ただ、全く効いていないのか?と聞かれると、そうでも無いようだ。

胸の痛い患部を手で押さえる回数と時間が、少し減ったような感じがする。



今日、掛かり付けの病院に行き、先生に薬の効果と副作用等々を報告、そして今後の治療方針を決めてきた。


今後の治療

プレガバリンを朝(150mg×1)、夕(150mg×1)の2回、計300mgを1週間服用する。


リリカカプセル150mg




副作用は、個人差が有るので何とも言えないが、比較的私には酷く感じる程の副作用が無い様なので助かっています。

300mgには、多少期待したい。

と言うより「これで痛みが退いて欲しい」が本音である。





参考になった方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3964

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜