EasyCaptureを使う。text8

| コメント(0) | トラックバック(0)


キャプチャーの使い方と用途。(塗りつぶし、矢線を書く)


フリーのソフトで、使える画面キャプチャーを検討。」の中でEasyCaptureをご紹介致しましたが、使い方と設定を一部ですがご紹介させていただきます。

この中での表記、表現は、日本語化した画面に基づいて説明させて頂きます。

EasyCaptureの日本語化、ダウンロードに付いては、こちらを御覧下さい。



EasyCaptureを起動します。







塗りつぶし。(塗りつぶしと言う言葉が適当かどうかは解りませんが…)






色、不透明度、影を決める。


色 ---- カラーパレットより選択する。






不透明度 ---- 右へ行くほど透明度が高くなる






影 ---- 塗りつぶしの影の有/無









矢線を書く。






矢線のスタイル(Fill Arrow、Empty Arrow)、矢線色、不透明度、影を決める。


矢線のスタイル ---- Fill Arrow(矢先が塗りつぶし)






矢線のスタイル ---- Empty Arrow(矢先が輪郭)






矢線色 ---- カラーパレットより選択する。






不透明度 ---- 右へ行くほど透明度が高くなる。






影 ---- 矢線体の影の有/無







次回は、取り込み画像の編集(吹き出し)です。






参考になった方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4009

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜