EasyCaptureを使う。text9

| コメント(0) | トラックバック(0)


キャプチャーの使い方と用途。(吹き出し)


フリーのソフトで、使える画面キャプチャーを検討。」の中でEasyCaptureをご紹介致しましたが、使い方と設定を一部ですがご紹介させていただきます。

この中での表記、表現は、日本語化した画面に基づいて説明させて頂きます。

EasyCaptureの日本語化、ダウンロードに付いては、こちらを御覧下さい。



EasyCaptureを起動します。







吹き出し






吹き出しの種類、不透明度、影を決める。


吹き出し ---- 使用したい吹き出しを選択し、貼り付けたい位置にマウスで範囲指定する。






不透明度 ---- 右へ行くほど透明度が高くなる






影 ---- 塗りつぶしの影の有/無









テキストを書く。






テキストが吹き出しに合っていない場合。






テキストを修正する。
選択をクリックし、修正したい要素(ここではテキスト)を指示すると、吹き出しが選択されてしまう。






変更1.一旦吹き出しを移動して置いて、テキストを変更する。






変更2.吹き出しの位置を確定してしまう。
・範囲選択をクリックし、吹き出しを選択する。






・範囲が確定したら、選択をクリックする。これで要素選択しても、選択されなくなります。






・再度テキストを書く。






・再度テキストを修正する。
 選択をクリックし、修正したい要素(ここではテキスト)を指示すると、今度はテキストだけが選択されます。






テキストをダブルクリックし修正する。






これでテキストの修正完了です。







範囲選択は、切り取りしたりする範囲の指定だけでなく、要素編集の確定にも使用出来るようです。色々な使用方法を考えて見て下さい。

ここでの説明以外に使用用途があれば、コメント頂けたら有り難く反映させて頂きます。





参考になった方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4010

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜