MySQLのインストールで Error 1045 が出る。

| コメント(0) | トラックバック(0)


MySQLのインストールの最後に MySQL Error Number 1045 が出る。


MySQL のインストールの終わりの、Apply security settings で "×" に成り MySQL Error Number 1045 が出る。








これは、再インストールまたは、同タイプのバージョンのインストールの時に起こっている事が多いと思います。他の原因も有るかと思いますが、私の経験上この2タイプが殆どでした。


原因として考えられる事は、アンインストールしても以前の情報が残っており、次にインストールした時にその情報を見て重複してしまうためでは無いかと思います。


C:\ProgramFiles¥MySQL(貴方のインストール環境で違います。) に my.ini と言うファイルが有るので、テキストエディターかメモ帳等で開いて下さい。

74行目付近と77行目付近にインストール先と、データー格納先が有ります。(WindowsXp)
basedir="C:/ProgramFiles/MySQL/"
datadir="C:/Documents and settings/All Users/Application Data/MySQL/MySQL Server 5.5/Data/"
OS または MySQL のバージョンに依って実際の格納場所は変わりますので、貴方の環境に合わせて格納場所を探して下さい。








この2カ所の MySQL ホルダを削除します。
Windows7 の場合 Documents and settings からはロックされて入れませんが、C:\Users\All Users から入ることが出来ます。


削除が終わったら、再インストールして確認して下さい。まだエラーが出るようでしたら、どこかに情報が潜んでいると思いますので MySQL で検索して探し出して削除して下さい。





参考になったと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4070

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜