多発性筋炎(再発後の経過32)

| コメント(3) | トラックバック(0)


CK値だけを見ると、安定しているように思えるのだが…


8/26 の採血結果
(プレドニンの量を 2/25 より6錠(30mg)に増量して26週間後の結果)





CK値(79.0→55.0)、ミオグロビン(71.0→64.8)、まだまだミオグロビンが正常値範囲(60以下)に戻ってこないのが気に入らない。CK値だけを見ているとOKレベルなんでしょうが、過去のデータからすると私の場合は、ミオグロビンが30〜40代前半までに落ち着かないと決して安定したとは言えないのです。


それに昨日辺りから、両大腿部(鬱血していたところ)が「ピリッ、ピリッ!」と針で刺す感じの痛みが出て来ています。多分これは一時的な症状でしょう、以前にもこれとよく似た症状が有りましたが、直ぐに治まっていましたので問題ないと思っています。


ただ、こう言う症状がミオグロビンを安定させない原因の一つでは無いだろうか。


取り敢えず、もう暫くはプレドニン30mgで行くことに致します。


それと、昨日までの四日間は、湿度が高く体温の上昇が激しく、熱中症?を疑うような頭痛のする環境の元で仕事をしていたので、採血結果が非常に気になる所です。


落ち着いていて欲しいものです。





「仕事しながらは大変やん!」と思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4079

コメント(3)

おはようございます。

湿度の安定しない環境でのお仕事本当に重労働だと思います。
ミオグロビン、なかなか納得のいく値がでませんね。
もう少し涼しくなり身体に負担がかからなくなったら下がるものなのでしょうか。そうなるといいですね。

私は時々指先がピリッと痺れる事があるみたいです。
元々あったのかもしれませんが気がつかなかっただけかも。

ステロイドの減量はもう少し大変なものかと思いましたが今までとかわらない生活です。勿論痛いところはありますよ。
変わったことといえば、今までは昼過ぎからまどろむこともあったのが夜4〜5時間睡眠できたら翌日は好調です。夜間だけはデパス1ミリのお世話になっていますが中途覚醒しないので助かります。

みゆさん、おはようございます。
まだまだ夢の中の時間帯にコメント有り難う御座います。(笑)
ここ数日は、台風の影響で多少涼しく過ごせて有り難いです。このまま涼しい期間が続けば良いのですが、実りの秋を前にしてそうも言ってられませんね。
みゆさんの指先に「ピリッ」と宿る感覚は、私にも依然ありました。ただ記事にする程では無かった様なので、直ぐに治まっていたのだと思います。やはり出てくる症状は、人に依って出る時期と重さが違うだけで同じ様ですね。
それにCKの数値だけでは解らないミオグロビンの隠れた動き、みゆさんや多分キッチョンさんもだと思いますが、ミオグロビンの正常範囲60からすると、10前後の数値で動いているのでは無いでしょうか。
普通に生活していると、CKは60程度までで収まっているようですが、それを超える動きを頻繁に見せるときはミオグロビンが踊りまくっていると考えても良いように思います。私のように…
今後は、この辺を見据えての治療をしようと考えています。

どうもです、
やっと32が見えました。

キッチョン

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜