南紀の旅(和歌山)串本

| コメント(0) | トラックバック(0)


串本(くしもと)、和歌山県の南東部(東牟婁郡串本町)に位置する、テーブルサンゴが広がる世界最北の熱帯の海です。


南紀と言っても、熱帯、亜熱帯を感じさせる温暖な気候では無いのですが、一歩海に入れば、そこはテーブル珊瑚が群生する熱帯の海なのです。


串本海中公園











ここ串本海中公園(くしもとかいちゅうこうえん)は、海中展望塔や海中観光船「ステラマリス」などを利用して、直接海中を鑑賞することができる。


串本海中公園





稀少な種類のサンゴも棲息する貴重な海域であり、ラムサール条約に登録されていることから、環境保護に取り組む姿勢があちこちで見受けられます。


串本海中公園





もっと画像を見る。

串本海中公園センターのホームページへは、こちらから





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4098

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜