南紀の旅(和歌山)那智滝

| コメント(0) | トラックバック(0)


和歌山県の南東部(東牟婁郡那智勝浦町)に位置する、落差日本1位を誇る那智滝(なちのたき)。


2004年7月、ユネスコの世界遺産にも登録されている那智大滝(なちのおおたき)は、落ち口の幅13m、落差133m、一の滝では落差日本1です。


那智大滝











2011/9の台風12号で相当な被害を受けた世界遺産那智大滝、裏山が崩れて本殿などの一部が土砂で埋まった様です。しかも、那智大滝下流にある文覚(もんがく)の滝(落差8メートル)は、巨岩が崩落し跡形もなく消失してしまった様です。今年の台風の爪痕は、全国各地で大きな被害をもたらしたようですね。


那智大滝





那智大滝の右手には”那智原始林”と呼ばれる、国の天然記念物に指定されている原生林が広がっていますが、32haというわずかな面積の中で高さ50メートル、幅10メートルにわたり斜面の崩落が有ったようです。


那智大滝





もっと画像を見る。

那智勝浦町観光協会のホームページへは、こちらから





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4094

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜