南紀の旅(和歌山)三段壁

| コメント(1) | トラックバック(0)


三段壁(さんだんべき)、和歌山県の南西部(西牟婁郡白浜町)に位置する、高さ50m 、長さ2kmの断崖絶壁です。


漁師たちが通りゆく船や魚の群れを見張ったことから「見壇」と呼ばれていたこの絶壁、現在はその場所に展望台が設けられ壮大な太平洋を一望できる様に成っています。


三段壁











ここ三段壁は、流れの速い黒潮が渦巻く断崖絶壁で、「飛び込めば波に巻き込まれ、浮き上がるのが困難」と言うことで、昭和30年代頃から50年代後半にかけては飛び降り自殺が多く発生し、自殺の名所にも成ったようです。


三段壁


以前は、自殺防止の立て看板が多く見受けられましたが、近年は地域の皆様の努力の賜でしょうか、立て看板が殆ど撤去され見受けられなく成っていました。





三段壁の地底36mには海蝕洞があり、辯天宗本堂内に設置されているエレベーターで洞窟内(有料)に下りることが出来ます。洞窟内は、打ち寄せる波しぶきに黒潮の荒々しさを感じられずには居られませんでした。


三段壁洞窟





平安時代末期の源平合戦で、源氏を勝利に導いた熊野別当率いる熊野水軍(くまのすいぐん)は有名ですね。ここ三段壁洞窟内には、熊野水軍が船を隠していたと伝えられています。


出撃に備え待機していた番所小屋
三段壁洞窟





もっと画像を見る。

三段壁のホームページへは、こちらから





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4097

コメント(1)

熱海港釣り大会の帰りに自殺の名所と言われた熱海市錦ヶ浦の下側のビーチリゾート曽我浦の風景をデジカメ写真に撮りました。

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜