南紀の旅(和歌山)千畳敷

| コメント(0) | トラックバック(0)


千畳敷(せんじょうじき)、和歌山県の南西部(西牟婁郡白浜町)に位置する、太平洋に面したスロープ状の大岩盤です。


およそ4haの白く柔らかい岩は、第3紀層の砂岩からなる大岩盤で、打ち寄せる荒波に浸食され複雑な地形を形成する。三段壁・円月島と並んで、白浜町の景勝地として知られています。


千畳敷











この第3紀層の砂岩は、非常に柔らかいため簡単に削れてしまいます。その為あちこちに落書きが成され、一部の心ない人のために美観が損なわれています。白浜町の条例で「都市公園の損壊行為は10万円以下の罰金」と定めてあるが、未だ適用された事例は無いようです。ぅーむ、無理もありませんね。


千畳敷





落書きは自然風化により少しずつ消えるてはいるが、真新しい落書きの方が多く見受けられる。こう言うモラルのない輩は、「自然ならぬ、社会風化で消えてしまえば良いのに…」と、思わず呟いた程だ。


千畳敷





もっと画像を見る。

千畳敷のホームページへは、こちらから





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4099

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜