南紀の旅(和歌山)くじらの博物館

| コメント(0) | トラックバック(0)


くじらの博物館(くじらのはくぶつかん)、和歌山県の南東部(東牟婁郡太地町)に位置する、世界最大級のくじらの博物館です。


熊野街道(R42)の太地町森浦交差点からメインルートを外れ、県道(240号)を走ると大きな鯨の絵が描かれた建物が左手に見えてくる。


くじらの博物館











太地町の捕鯨400年の歴史と技術を後世に伝えることを目的に1969年開館した館内には、様々なクジラの骨格標本や、鯨の生態、捕鯨に関する資料が展示されている。


クジラの骨格標本





自然の入り江を利用したプールでは、バンドウイルカやハナゴンドウクジラなどのショーが開催されている。またふれあい桟橋の上から、近寄ってくるイルカやクジラを観察、撮影する事も出来る。


イルカショー





もっと画像を見る。

太地町立くじらの博物館のホームページへは、こちらから





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4095

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜