多発性筋炎(再発後の経過65)

| コメント(4) | トラックバック(0)


プレドニンを4錠(20mg)より3.5錠(17.5mg)に減量して10日間、ここまでは減量による倦怠感も感じず来ています。


5/18 の採血結果
(2011/02/25 再燃して61週間)
(プレドニンの量を 2012/05/09 に4錠(20.0mg)より3.5錠(17.5mg)に減量して10日間の結果)



採血データを管理されたい方、この採血データ表で良ければこちらからダウンロード出来ます。



CK値(43.0→44.0)、ミオグロビン(45.5→51.5)と、比較的安定した状態が続いています。これだけ安定した状態が続くのは初めてで、プレドニンの減量スピードと朝(1.5錠)昼(1錠)晩(1錠)の均等服用も幸を奏しているのでは無いかと思っています。


何故プレドニンを均等服用するのか? それには、私なりに意味を持っているのです。


例えば、人間の体は急激な変化に対応出来ないのは皆様もご存じのはずです。プレドニンを長期服用することにより、ステロイドが副腎機能抑制作用により副腎では作れなくなっています。


1日のプレドニンの服用量が決まっていても、一気に服用してしまうのと均等に服用するのでは意味合いは全く違ってきます。一気に服用してしまうと、下垂体は視床下部に対して『作らなくて良いよ。』と働きかける。しかし夕方辺りになり『ステロイドが不足しているから早く作れ!』と働きかけられても直ぐには対応できない。


だが均等服用することにより、ステロイドの不足量が一定しているために副腎では常時定量のステロイドを作ることになる。依ってこの方がステロイドを安定供給出来るのでは無いかと私は思っています。


以前は午前、午後で30mgを服用、プレドニンの減量も1錠ずつとしていましたが、倦怠感を強く感じていました。しかし今はあまり倦怠感を感じていません。この辺にそのカギが有るのでは無いかと思います。


私の場合は最後まで、朝、昼、晩の均等服用を続けてみます。



ステロイドミオパチー発症後の、現在の体調は?


両足の浮腫と両大腿部の脱力、それから両手の痺れ、両腕の浮腫は相変わらず続いています。


ステロイドの事をもっと詳しく知りたい方は『ステロイドの体内での働き』を参照して下さい。





「薬の服用のしかたでも体調が違うのか?」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4135

コメント(4)

こんばんは、
ミックさん 順調な結果で 何よりです。
ステロイドを分けて服用、 私も入院中の大量投与中は朝10錠、午後5錠とか分けて服用してましたが、 5錠で退院後は担当医の指示通り大体朝一気に飲んでました。
お陰?で減量時の体への負担は大変苦しく辛かったです。
減量は 時間をかけてですが、 一気に1錠ずつ、 今はヤット昨年8月から1錠キープしていて、免役抑制剤併用ではあるものの明日から1錠から0.5錠にする事になりました。

CK数値の上下は有るのですが、 昨年8月CK53から今年に入ってから今日の検査でジワジワ上昇気味のCKは今日の検査でついに175と今までの中で一番高く、 そんな中での明日からの減量です。
他のアルドラーゼや、ミオグロビン(前回の結果ですが)炎症検査の数値は低めなので、 今ある倦怠感、 足の痺れ、 手足の筋肉の痛み等は ステロイド長期大量投与からくるスレロイドミオパチーの影響大との担当医の判断でした。
どんな結果が訪れるか、 疑問と不安で一杯ですが 取りあえず暫く担当医の指示に従ってみようと思います。


キッチョン

こんばんは、キッチョンさん。
取り敢えずは、減量おめでとうございます。
アルドラーゼや、ミオグロビンに問題が無いのにCKが徐々に上昇すると言うことはどういう事なのでしょう。どちらも組織崩壊をリアルタイムに示してくれるため、多発性筋炎の診断基準に用いられていますが、CKだけが上昇していく理由がさっぱり解りませんね。
とにかく先生の判断が正しいことを祈るしか有りませんね。
体調には充分気を付けて様子を見て下さい。

こんばんは。

Mickさん安定していてよかったです。
キッチョンさんも辛そうですね。

私も入院中は一日五分割位にして服用していました。

昨日から4mgになりました。CK100ですが身体が怠くておまけに痛くて筋力テストでダウンしてきていて。
ステロイドの影響だと思うので減量しようということになりました。
今週分は5mgでセットしていたのを服用して週明けからにします。
先日の骨の検査は「若い人の平均の112%」だからフォサマックは無しになりました。もう長い間飲み忘れているんですが「若い人」って幾つなんだろ?こういう事を考えるのは歳をとった証拠ですね。

今夜もじっとしていてもしんどいだけなので泳いでみたら進みは悪くても身体は楽でした。水の中では快適です。
家や駅の下り階段の手すりにしがみついてるのがちょっと残念です。

よい週末を。

おはようございます、みゆさん。
みゆさんも減量おめでとうございます。
CK100、いつも低かったみゆさんのCKもちょっぴり上昇でしょうか?
これってキッチョンさんと同じく、ステロイドの悪さでしょうかね。
だとすれば…
キッチョンさんの減量も正解と言うことに成るのでしょうけど。。。
減量によって少しでも体が楽になったら申し分無いのですがね!
骨密度112%は凄いですね。
私達からすれば、みゆさんはまだまだ若い部類に入るのでしょうけど、確かに一般的に言う「若い」はいくつ位までなんでしょう?考えたこと無かった。。。
私の場合、階段の下りは自力で大丈夫なんですが、上りの方が途中で手すりの助けが必要に成っています。悲しいことに…
でも頑張るっキャないでしょう!

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜