Movable Type 5.04で、時々コメントが反映されない。 part2

| コメント(0) | トラックバック(0)


コメントが反映されなかったり、blog構築中permission deniedで停止していた原因は。


server環境
OS:windows7
server(www):Apache 2.2.22
Perl:ActivePerl-5.14.2
php:php-5.4.5からphp-5.3.6にロールバック
blogserver:Movable Type 5.04からMovable Type 5.14-jaアップグレード
DB:mysql-5.0.37-win32
cpu:intel Core i7 2600K 3.4GHz


状況

・コメントが投稿されているのに、コメント欄に反映されていない。
・記事を投稿するために保存を実行すると、error(permission denied)により途中で停止してしまう。
(××××.html-newを×××.htmlに変更できませんでした)





しかし、二度構築を繰り返すと、このブロックはクリアーし次のブロックで同じerrorにて停止する。以後この繰り返しです。



結論から言いますと。
コメントが反映されない件と、blog構築中permission deniedで停止する件の原因は同じだった様です。


原因は2つ

原因:
ActivePerl-5.14.2に原因がある様だ。
以前ActivePerl-5.12がMovable Type 5で相性が悪い時が有った様に記憶しているが、バージョンアップと共に問題はクリアーされたと思って導入していました。だが未だに相性悪いようです。

原因2:
DB(mysql)のバージョン(mysql-5.0.37-win32)がMovable Type 5.14に対応出来ない様だ。



記事、コメントを投稿するために保存を実行すると、error(permission denied(××××.html-newを×××.htmlに変更できませんでした))により途中で停止してしまった為、コメントも投稿した記事にのみ反映されて、インデックステンプレート(メインページ)に反映されるまで行かなかった様です。



対策:
ActivePerl-5.12から以前使用していたActivePerl-5.8.8.820にロールバック
mysql-5.0.37-win32からmysql-5.5.13にアップグレード

結果:
問題なく動作しました。
ActivePerlだけでは、完全にこの症状をクリアー出来なかったので、mysql-5.0.37-win32からmysql-5.5.13へのアップグレードも必要と成った。


しばらく稼働している間に、また症状が現れだした。現在調査中です。
Movable Type 5.14にアップグレードしました。』でのmt-config.cgiに追記したEntriesPerRebuild 10を削除し再構築するも動作良好でした。

調べている間に、小粋空間さんで"Movable Type で再構築エラーになる場合の原因と対処"と言う記事を見つけました。

Movable Type 3.2-ja-2で再構築エラーが有った様です。

この時の対応策が、今回対策として取った"mt-config.cgiにEntriesPerRebuild 10を追記"し、構築付加を軽くする方法だったようですが、この時とは少し原因が違う様に思います。

現在のこのserverスペックで、この程度の付加が処理できない訳は無いと思っているからです。実際にEntriesPerRebuild 10の追記だけでは回避する事は出来なかった。例え10を5にした所で、暫くは回避できたとしても、また同じ事の繰り返しに成ってしまうだろう。

根本的な対応が必要だと考えます。

何処かに、良い対応策が落ちてない物かな?


簡単にアップグレードも出来ませんね。参りました(泣笑)





「厄介だなと思った」方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4157

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜