佐渡島めぐり(新潟)page2

| コメント(0) | トラックバック(0)


佐渡島(さどがしま)は新潟県西部に位置し、周囲が約260km、面積約855km2の全島域を市とする佐渡市である。


page2(北中部)、二つ亀大野亀尖閣湾妙宣寺トキの森公園佐渡歴史伝説館西三川ゴールドパークです。





二つ亀(ふたつかめ)

二つ亀は、観光ミシュラン★★☆(2つ星)にも選定された国定公園です。
2匹の亀を伏せたような形に見える事から、この名が付いたようです。


二つ亀











SADO二つ亀ビューホテルに隣接する『二つ亀オートキャンプ場』
オートキャンプ場と言っても、車の側にテントを張れる訳では無く、駐車場は別にあるので普通のキャンプ場と何ら変わりはありませんでした。キャンプ受付は、SADO二つ亀ビューホテルです。


二つ亀オートキャンプ場





SADO二つ亀ビューホテルのホームページへは、こちらから






大野亀(おおのがめ)

ここ大野亀は、5月下旬から6月上旬にかけて咲くユリ科の黄色い花「カンゾウ」の国内最大の群生地です。季節外れの為に見る事が出来なかったのが残念でした。


大野亀











佐渡観光協会大野亀のホームページへは、こちらから






尖閣湾(せんかくわん)

高さ約30mの絶壁断崖絶壁が織りなす地形に囲まれた、姫津から北狄までの約4kmに渡る5つの小湾の総称を尖閣湾と言います。


尖閣湾











海中透視船(グラスボート)で、水中に群れる魚や岩肌で羽を休めるカモメやウミネコを楽しみいただけます。


海中透視船





遊仙橋(通称:まちこ橋)
元々は吊り橋で、昭和28年の松竹映画「君の名は」のロケに出てくる吊り橋のシーンで一躍有名に成ったようですが、映画のタイトルは聞いた事はありますが見た事は有りません。何しろ生まれる前の事ですから…


まちこ橋





もっと画像を見る。

尖閣湾揚島遊園のホームページへは、こちらから






阿仏房 妙宣寺(あぶつぼう みょうせんじ)

国の重要文化財に指定されている高さ約24mの五重塔は、日光の東照宮の五重塔を模して建てられたとも言われています。


五重塔











仁王門


仁王門





もっと画像を見る。

新潟観光ナビのホームページへは、こちらから






トキの森公園

佐渡のほぼ中央(新穂地区)に位置し、公園のなかには「佐渡トキ保護センター」「トキ資料展示館」が併設されている。佐渡の中でトキを確実に見ることができる場所は、ここトキの森公園だけです。


トキの森公園











園内には、野生最後の朱鷺「キン」の碑が立っている。


野生最後の朱鷺「キン」





飼育されているサギを間近で見る事が出来る。








もっと画像を見る。

新潟観光おでかけマップトキの森公園のホームページへは、こちらから








佐渡歴史伝説館(さどれきしでんせつかん)

佐渡の歴史を知るには、先ずここを訪れると良いでしょう。


佐渡歴史伝説館











800年前の佐渡の歴史や伝説を、コンピュータで制御された等身大のロボット人形がリアルに再現紹介するミュージアムです。


等身大のロボット人形





整備されている庭園も見所の一つです。


庭園





もっと画像を見る。

佐渡歴史伝説館のホームページへは、こちらから






西三川ゴールドパーク

『今昔物語』に登場する佐渡最古の金山に該当するここ西三川は、西三川砂金山から砂金がとれていました。寛正元年(1460)の再開発から明治5年(1872)まで砂金採取されていた様です。


西三川ゴールドパーク











家族で一攫千金を狙え! と言う程取れませんが、砂金とりの体験が出来る楽しめるスポットです。


砂金とり体験





採った砂金はその場で加工してもらい、記念の一品にしてみては如何でしょう。
私の採取した砂金をパウチ加工した物です。右上の佐渡島の中に輝く7個が砂金です。
これだけ取るのに30分を費やしました。あーーーぁ! 腰が痛ーーーぃ。。。


採った砂金





もっと画像を見る。

西三川ゴールドパークのホームページへは、こちらから





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4167

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜