佐渡島めぐり(新潟)page1

| コメント(2) | トラックバック(0)


佐渡島(さどがしま)は新潟県西部に位置し、周囲が約260km、面積約855km2の全島域を市とする佐渡市である。


page1(南部)、直江津港たらい船矢島・経島宿根木沢崎鼻灯台です。





今回佐渡島へは、上越市の直江津港から出航している佐渡汽船のフェリーで渡りました。


直江津港


フェリーこがね丸











直江津港〜小木港へ(所要時間約2時間40分
)出港と同時に、ウミネコが集まってきました。


ウミネコ





ウミネコも、慣れると人の手から食べ物を貰いますね。


ウミネコ





小木港


小木港











佐渡汽船のホームページへは、こちらから








たらい船は、島内を周遊している間数カ所で乗る事が出来ますが、今回は小木港に隣接する力屋観光汽船のたらい船に乗りました。私の乗船しているところは、お見苦しいのでお見せできません。悪しからず…(笑)


力屋観光汽船のたらい船











たらい船こぎの体験をさせて頂いたのですが、その場でグルグル左回りするだけで、私の辞書には"前に"と言う言葉が無かったようです。(泣) しかも、12年前にもここで同じ事が有った様な… (苦笑)


力屋観光汽船のたらい船





力屋観光汽船のたらい船のホームページへは、こちらから








矢島・経島(やじま・きょうじま)

矢島と経島は赤い橋でおり、遊歩道を囲む岩場が更に美しさを演出している様だ。


矢島・経島の赤い橋











ここでも、たらい船の体験が出来ます。


たらい船体験場





もっと画像を見る。

矢島・経島のホームページへは、こちらから








宿根木(千石船と船大工の里)

江戸寛文期(1661〜1678)に回船業の集落として発展した町並みで、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。


清九郎(公開民家)











狭い地形に家屋が密集しているため、一度入り込むと初めてであれば出口が解らなくなる程複雑に入り組んでいる。


宿根木(しゅくねぎ)の集落





もっと画像を見る。

宿根木のホームページへは、こちらから








沢崎鼻灯台

海底火山の爆発で溶岩が海中に吹き出し、冷えた枕上溶岩の上に立つ佐渡で一番背の高い灯台です。


沢崎鼻灯台











佐渡島の最西端に位置し、直江津、小木航路の小木へと向かう船の第一目標として視認する、重要な標識として昭和3年(1928年)に建設された。


沢崎鼻灯台





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4166

コメント(2)

今晩は。
漸く佐渡旅行記アップできましたね。

私は佐渡は勿論の事たらい舟にものったことがありません。

グルグル進むのは形からですか?

以前屈斜路湖でカヌー漕ぎをしたら何故か沖に進まず積極的に岸に戻ると言う経験をしました。水深があったのでそれで良かったことにしました。

もう一つのたらい舟に乗れる紺碧色の海、綺麗です。
行ってみたくなりました。

こんばんは。
佐渡は、まだまだ自然豊かです。観光客のマナーも良いのでしょうね。
たらい船は、ろを左右に振り子の様にこぐのですが、どちらかの力が強いと強い方に回ってしまうのです。だからその場でグルグルと…
慣れないと難しいですね、一度も前には進みませんでした。
島の北西部は特に素晴らしい景色でした。是非行って頂きたいです!

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜