おせち料理の脇役?

| コメント(2) | トラックバック(0)


おせちに欠かせない蒲鉾、ちょっと手を加えて豪華に演出!


おせちの蒲鉾と言えば、寿、松、竹、梅等の文字入りが一般的ですが、この文字も切り口を見せて並べない限りただの蒲鉾です。依然に何かの雑誌だったのか記憶が曖昧ですが、蒲鉾を創作した物が掲載されていたのを見て以来、我が家では普通の蒲鉾を使う様に成りました。

何より価格が安い。懐に優しいのが良いですね。


使用するのは普通の赤の蒲鉾です。







切るのは、板に付いた状態で切ります。







切り終わってから板から離します。







一品目
爪楊枝のある部分(2カ所)に切れろ目を入れます。







1を2の切り口に差し込みます。







二品目
爪楊枝のある部分(3カ所)に切れろ目を入れます。







1を表から2に、3を裏から2に差し込みます。(1と3を一方側から2に差し込むことで2種類作ることも)







三品目
爪楊枝のある部分(1カ所)に切れろ目を入れます。







1を2に外巻きで差し込みます。(注:内巻きで差し込むと先端が浮きます。)







出来上がりは、こんな感じです。







「これは使える!」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4188

コメント(2)

あけましておめでとうございます。

料理上手なmickさん、かまぼこのアイデア素晴らしいです。

我が家は毎年恒例の◯越のお取り寄せおせちです。
ミシェランの星のお店のでしたが堪能する間もなく完食でした。

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。
いぇいぇ こちらこそ今年も宜しくお願い致します。
おせちには、毎年苦労しています。
普通に作ると、種類が多すぎて食べきれません。とは言って…
種類を減らして量を減らしても、三が日では食べきれずブタに成っていくこの身が恨めしい。年明け最初の採血が怖い。(泣)
新年早々泣いてどうすんだ!
と、毎年格闘しています。
でも… この格闘に今年も元気だと実感しています。
みゆさん、そして皆さんも今年一年、笑顔で過ごせることをお祈りしております。

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜