多発性筋炎の恐怖を再認識

| コメント(0) | トラックバック(0)


特にこの季節のステロイドの飲み忘れは、非常に危険なことを再認識させられた。


飲み忘れた訳では無いのですが、先日、日帰りの仕事で滋賀に行ってきたのですが、薬を持ってくるのを忘れたことに気づきましたが時既におそしでした。(泣)


以前にも時々有ったので、今回も「夕方まで大丈夫だろ」と嘗めてかかっていたら、昼頃から右膝と右大腿部の付け根の大きな筋に痛みが出始め、夕方には右大腿部は激痛で歩けなくなる程でした。


この季節、それで無くても気をつけなければ成らないのに、しかも先日からミオグロビンが飛び跳ねている状態だったのに大チョンボだ!


そして一度痛み出したところは直ぐには戻らない。薬の減量で出てきた痛みが増量したからと言って直ぐに痛みが治まらないのと同じで有る。


事の発端は3/19、そして現在も朝一番は大腿部の痛みはほぼ治まってきましたが、右膝の痛みはプレドニンを服用して1時間程は立つ時の痛みが酷いのでつかまり立ちが必要なほどです。


緊急用の薬を車にも常備していたのですが、最近は車内の温度が高くなってきたので出したばかりでした。


こういう時に限って有るのですよね…こういう事が…





「ステロイドは命綱だね!」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4199

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜