多発性筋炎(再発後の経過103)

| コメント(0) | トラックバック(0)


再燃の為、プレドニンを2錠(10mg)より3錠(15.0mg)に増量して145日目、前回一気に上がったミオグロビン、気になるその後の経過は?


3/28 の採血結果
(2011/02/25 再燃して107週間)
(3度目の再燃により、プレドニンの量を 2012/11/05 に2錠(10mg)より3錠(15.0mg)に増量して145日目の結果)



採血データを管理されたい方、この採血データ表で良ければこちらからダウンロード出来ます。



CK値(183.0→131.0)、ミオグロビン(100.7→115.1)、3錠(15.0mg)に増量して145日目、ミオグロビンが3桁で推移しているのは、両大腿前部の痛みが原因しているのだと思われる。


以前は両大腿部の内側全体に痛みがあったが、現在は前部の痛みの方が強いかな?


両大腿部の内側の筋肉に沿って内出血の様な黒ずんだ色も、今は通常の肌の色に戻って来ている。たぶん筋炎症状が落ち着いてきているのだろう。


膝周りに出ていた浮腫も解消されてきたし、膝下の浮腫も靴下の後がハッキリと付かない程度まで解消されている。その関係も有るのだろう、膝を曲げやすくなった分痛んでいた右膝も今は殆ど痛まない。


今日(4/5)採血が出来たので後日報告致します。ついでに久々の尿検査も一緒にやって頂きました。


今の状態で有れば、何とかこのまま無事乗り切れそうな予感がするのですが、この病気、そう甘くないのが今まで経験してきた上での嫌ーーーな結論です。3(-_^;)はぁ〜!


踵の痛みは相変わらずです。ただ痛い時間が短い様な…気がするだけかな? それでも良いや。。。


右大腿部股関節の引っかかる様な動きと痛み、引っかかりは無くなったようですが、前部の1ヶ所の筋に痛みが残っていて力が抜けそうに成る時がしばしばで階段の上りには影響大ですね。


右肩関節の油ぎれの状態は大分緩和されてきました。


痛み出してから…もう3ヶ月程経つのかな? その間リハビリと思い、仕事も車の運転も敢えて痛い右手を無理矢理に使って来ました。その甲斐も有ってでしょうか、可動範囲も少し広くなったようです。


プレドニンの量に対する症状の変化(免疫抑制剤を併用している方や個人差によって若干違って来るので参考まで)



ステロイドミオパチー

ステロイドミオパチーの終わりは、私の場合12.5mgまでの様です。一般的な目安は、10mg程度では無いかと思います。


ステロイドの事をもっと詳しく知りたい方は『ステロイドの体内での働き』を参照して下さい。





「一つ一つの行動自体がリハビリなのか!」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4200

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜