奈良井宿(長野)

| コメント(0) | トラックバック(0)


木曽路十一宿の江戸側から2番目で、十一宿の中では最も標高が高い中山道34/69番目の宿場町です。


先ず出迎えるのは、奈良井木曽の大橋。 樹齢三百年以上を超える天然の檜を使用し、奈良井宿の横を流れる『ならい川』に架けられた 全長33メートル、幅員6.5メートルのアーチ型の橋です。


奈良井宿の大橋











ならい川に沿って1キロ程続く街並みは、 木曽路の宿場町の中でも一番の賑わいを見せていたようです。


奈良井宿案内図





450年の伝統を誇る奈良井宿の産業は、主に檜を原料とした細工物で。 中でも 桧の薄板を煮て軟らかくし、型に合わせて曲げ、桜の皮で縫い止めて作る『曲物』などは、代表的な伝統産業と言って良いでしょう。


奈良井宿伝統産業の店





       == 冬の奈良井宿 ==
こぢんまりと佇む宿場町に氷点下十数度の世界がパウダースノーを生み出し、軒下には今までに見た事も無いような氷柱が光っている。
背丈以上に降り積もった雪を吹き飛ばすと、太陽の光にスターダストの如く「キラキラ」と輝くパウダースノーが印象的! 時々「パリーン」と言う音と共に氷柱がはじき飛ぶ、関西の暖かい気候から考えられない世界が広がる。
この時の気温は、氷点下18度でした。


冬の奈良井宿





冬の奈良井宿に、幻想的な世界があるのをご紹介したかったのですが画像が無いのがとても残念です。宿場町を歩いていると、あちこちの玄関先にバケツに水を入れて置いてあるのを目にする。
夜になると、このバケツの氷を取り出し中をくり抜いてロウソクに火を灯し氷の中に立てる。 これが「氷の灯籠」と成り、静かな宿場町の夜をロマンチックに照らし出していたのです。


冬の奈良井宿





もっと画像を見る。2013
もっと画像を見る。2015
奈良井宿の公式ホームページへは こちら から





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4227

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜