丸岡城(福井)

| コメント(0) | トラックバック(0)


丸岡市街地の東に位置し、現存天守閣では最古の建築様式を持つ小高い丘陵に築かれた平山城である。


別名   : 霞ヶ城
築城   : 天正4年 (1576年)
築城主  : 柴田勝豊
城郭構造 : 平山城
天守構造 : 二重三階望楼型独立式 (修復再建 昭和30年 (1955年))
遺構   : 石垣
廃城年  : 明治4年 (1871年)
重要文化財: 昭和23年(1948年)福井地震のために倒壊、国宝から重要文化財と成る。


丸岡の街の北東部、家並みを見下ろす小高い丘の上に立つ二重三層の天守閣。
当時、越前の国の守護職であった柴田勝豊(柴田勝家の甥)は西方院跡に豊原城を構えていたが、豊原城から丸岡に移り、丸岡城を築城した。現存する天守の中でも日本最古と言われており、城郭建築の初期の重要な遺構とされている。


丸岡城











本丸と天守閣と僅かに石垣を残し城域は公園となっている。


公園





丸岡市街地に隣接している関係も有り、家族連れの姿が多く見受けられる。


公園





もっと画像を見る。

丸岡城公式ホームページへは こちら から





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4218

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜