飛騨大鍾乳洞(岐阜)

| コメント(0) | トラックバック(0)


高山市の東部(丹生川町日面)に位置し、観光洞部分800m、未開発洞部分1,000mの国内では標高が一番高い場所にある観光鍾乳洞です。


飛騨大鍾乳洞(ひだだいしょうにゅうどう)
昭和40年(1965年)に大橋外吉氏に依って発見された鍾乳洞で、大橋氏が世界中から集めた美術品、装飾品が展示されている大橋コレクション館が併設されている。


飛騨大鍾乳洞(ひだだいしょうにゅうどう)











鍾乳洞は第一洞、第二洞、第三洞の3つのエリアから成り、洞内の平均気温は冬8度、真夏でも12度と半袖Tシャツでは寒い程の自然冷房が効いています。


天然冷暖房?




海百合(第一洞内)
鍾乳洞内からは海百合、フズリナなどの海の化石が多数発見されていることから、2億5千万年前この地は海底だった様です。


海百合





竜宮の夜景(第一洞内)
洞窟内でもっとも天井が高い幻想的な空間に広がる竜宮の夜景。


竜宮の夜景





昭和46年に高松宮殿下が御命名された「王冠」


王冠





もっと画像を見る。

飛騨大鍾乳洞公式ホームページへは こちら から





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4278

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜