金閣寺(京都)

| コメント(0) | トラックバック(0)


京都市北区に位置し、平成6年(1994年)「古都京都の文化財」として世界遺産(文化遺産)に登録された寺です。


正式名称 : 北山鹿苑寺(ほくさんろくおんじ)
別称   : 金閣寺
山号   : 北山(ほくざん)
宗派   : 臨済宗相国寺派
寺格   : 相国寺山外塔頭
本尊   : 観音菩薩(方丈本尊)
創建年  : 応永4年 (1397年)
開山   : 夢窓疎石
開基   : 足利義満
指定文化財: 絹本著色足利義満像、大書院障壁画ほか(重要文化財)、庭園(特別史跡、特別名勝)、世界遺産



金閣

お釈迦様のお骨をまつった舎利殿(しゃりでん)「金閣」が特に有名なため、金閣寺と呼ばれている。

この地は、鎌倉時代に西園寺公経(さんおんじきんつね)の別荘北山第が在りましたが、足利3代将軍義満が大変気に入り、応永4年(1397年)に西園寺家から譲り受け、山荘北山殿(きたやまでん)と呼ぶ別邸をおいた。

この時代の文化を北山文化と言います。義満の死後、無窓国師(むそうこくし)を初代住職とし義満の法号鹿苑院殿から二文字をとり、鹿苑寺と名付けられた。


鹿苑寺











舎利殿(金閣)

2層と3層は、漆の上から純金の箔が張ってあり、屋根は椹(さわら)の薄い板を何枚も重ねたこけらぶきで、上には中国でめでたい鳥といわれる鳳凰が輝いています。


舎利殿(金閣)





1層は寝殿造りで法水院(ほうすいいん)、2層は武家造りで潮音洞(ちょうおんどう)とよばれている。

3層は、中国風の禅宗仏殿造りで究竟頂(くっきょうちょう)とよばれ、三つの様式を見事に調和させた室町時代の代表的な建物といえます。現在の金閣は昭和25年火災で焼失したものを再建したもの。


金閣





鏡湖池に映る「逆さ金閣」


金閣





もっと画像を見る。

京都府の金閣寺ホームページへは こちら から





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4247

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜