岡山城(岡山)

| コメント(0) | トラックバック(0)


JR岡山駅の東側に位置し、城郭配置が西側に広がる他には類を見ない防備の薄い平山城です。


別名   : 烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)
築城   : 正平年間(1346年〜1369年)
築城主  : 上神高直
主な改修者: 宇喜多秀家、小早川秀秋、池田忠雄
主な城主 : 宇喜多氏、小早川氏、池田氏
城郭構造 : 梯郭式平山城
天守構造 : 複合式望楼型4重6階(1597年築)(鉄筋コンクリート造外観復元・1966年)
遺構   : 櫓、石垣、堀
廃城年  : 明治6年 (1873年)
指定文化財: 国の重要文化財(月見櫓、西の丸西手櫓)国指定の史跡
再建造物 : 天守・門・塀





旭川を城の東背後を守る天然の外堀とし、標高十数メートルの小高い丘の上に建築された平山城、天守閣の壁に黒漆塗りの下見板を取付けた特徴的な外観から烏城(うじょう)と呼ばれるように成った。


別名:烏城(うじょう)、金烏城(きんうじょう)











姫路城の守りを重視した3重の螺旋形になった複雑巧妙なものに対し、岡山城は本丸の北から東には郭が無いために、防備に難のある城郭構造に成っている。
この城郭構造は、他には類を見ない梯郭式平山城です。








廃城令によって明治時代に御殿、櫓、門の大半が取り壊され、堀も内堀の一部を除いてほとんど埋められた。








もっと画像を見る。

岡山城のホームページへは こちら から





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4265

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜