津山城跡(岡山)

| コメント(0) | トラックバック(0)


JR姫新線津山駅の北側に位置し、津山盆地の丘陵(鶴山)に築かれた日本三大平山城のひとつです。


別名   : 鶴山城(かくざんじょう)
築城   : 嘉吉年間(1441年〜1444年)
築城主  : 山名忠政
主な改修者: 森忠政
主な城主 : 山名氏、森氏、松平氏
城郭構造 : 梯郭式平山城
天守構造 : 独立式層塔型4重5階(非現存)
遺構   : 石垣、堀
廃城年  : 明治6年 (1873年)
指定文化財: 国指定の史跡
再建造物 : 備中櫓、塀





城の南部を流れる吉井川とその支流、東には宮川、西には藺田川(いだがわ)を外郭とし、丘陵に築かれた自然の要塞と言っても過言では無いでしょう。


鶴山城(かくざんじょう)本丸











本来天守は破風を持たない4重5階の独立型層塔形式で非現存ですが、現在再建に向けて工事中のようです。


再建中の天守





櫓は外郭を含めると77棟と広島城の76棟、姫路城61棟をもしのぐ多さであったようですが、明治6年の廃城令により天守、櫓など全ての建物が破却され現在残っているのは天守台、石垣のみとなっている。








城跡の鶴山公園には数千本の桜が植えられ、さくら名所とも成っています。
遊び心で、ちょっとアート的に撮影してみました。
















もっと画像を見る。

津山市公式ウェブサイトへは こちら から





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4268

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜