鷲羽山と瀬戸大橋(岡山)

| コメント(0) | トラックバック(0)


倉敷市の児島半島最南端付近に位置する山で、国の名勝、下津井鷲羽山(しもついわしゅうざん)としても知名度の高い瀬戸内海国立公園の一角です。


ここ鷲羽山は、瀬戸大橋の全貌と、備讃瀬戸(びさんせと)に浮かぶ塩飽諸島(しわくしょとう)を望む絶好の展望台と言えます。


瀬戸大橋の全貌





橋梁形式  : 吊り橋、斜張橋、トラス橋の3種類を併設
建設    : 1978年10月10日-1988年4月10日
総延長   : 12,300m(海峡部:9,367m)
最大支間長 : 1,100m(南備讃瀬戸大橋)
幅     : 35m(海峡部)
高さ    : 194m(南備讃瀬戸大橋北側主塔)
素材    :  鋼











山頂の展望台からとは、また違った感じで備讃瀬戸が目の前に広がる。沖合いに浮かぶ釜島、松島、六口島(むくちじま)に、今にも手が届きそうな感じにさえ成る。
画像をクリックするとパノラマでご覧に成れます。


鷲羽山山頂





山頂(標高133m)展望台からは、北側に広がる児島地域の町並みや東は播磨灘から西は水島灘まで、遠く南には玉野市、高松市等も望めます。
画像をクリックするとパノラマでご覧に成れます。


鷲羽山山頂





山頂展望台の近くにある鷲羽山ビジターセンターでは、鷲羽山や瀬戸大橋についての資料が多く展示してあるので、より良く鷲羽山や瀬戸大橋について知ることができるでしょう。


鷲羽山ビジターセンター





もっと画像を見る。

倉敷市公式観光サイトへは こちら から





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4266

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜