弘前城(青森)

| コメント(0) | トラックバック(0)


JR奥羽本線、弘前駅の西側に位置し、江戸時代に建造された天守や櫓などが現存する、国の史跡に指定されている城です。


別名   : 鷹岡城、高岡城
築城   : 慶長16年(1611年)
築城主  : 津軽為信・信枚
主な改修者: 津軽寧親
主な城主 : 津軽氏
城郭構造 : 梯郭式平山城
天守構造 : 不詳5層(非現存・1610年築)御三階櫓(複合式層塔型3層3階・1810年改)独立式層塔型3層3階(現存)
遺構   : 現存天守、櫓、門、石垣、土塁、堀
廃城年  : 明治4年 (1871年)
指定文化財:国の重要文化財(天守・辰巳櫓・丑寅櫓・未申櫓・三の丸追手門・三の丸東門・二の丸南門・二の丸東門・北の郭亀甲門)、国の史跡
再建造物 : 二の丸東門与力番所





城郭は本丸、二の丸、三の丸、四の丸、北の郭、西の郭の6郭から構成された梯郭式平山城であるが、天守と堀、石垣、土塁などは廃城後も原形をとどめている。


弘前城











弘前藩津軽氏4万7千石の居城として建造された弘前城は、現在、 弘前公園として多くの市民や観光客の憩いの場として親しまれています。


弘前公園





三の丸庭園には、弘前城植物園などもあり公園回りも充実しているようです。


弘前城植物園





もっと画像を見る。





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4286

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜