オホーツクライン(北海道)

| コメント(0) | トラックバック(0)


北海道の北端稚内より、東側に位置する網走までを結ぶR238の内、宗谷岬から網走までの海岸道を通称オホーツクラインと言う。


稚内より宗谷岬までを宗谷国道と呼ばれ、宗谷岬から網走までの海岸道がオホーツクラインと呼ばれている。北海道の地形から想像できると思いますが、こんな路が永遠と何十キロも続きます。当然居眠りも多いでしょうね。


オホーツクライン





冬はどんな顔に成るのだろうと想像しながら大山スキー場の横を抜けていく。


大山スキー場











紋別港海洋公園内にあるオホーツクタワー、我々が一般的に想像するのは海中展望塔なのですが、ここはオホーツク、そうです流氷を見るための展望塔なのです。一度は見たいな…


オホーツクタワー











能取湖の景色につられて駐車場へ。見るもの全てがデカイ。


能取湖











もっと画像を見る。





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4293

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜