金沢城(石川)

| コメント(0) | トラックバック(0)


JR北陸本線、金沢駅の東南に位置し、国の史跡に指定されている城址は加賀藩主前田氏の居城だった。


別名   : 尾山城、金城
築城   : 天正8年(1580年)
築城主  : 津軽為信、信枚
主な改修者: 前田利家、利長
主な城主 : 佐久間氏、前田氏
城郭構造 : 梯郭式平山城
天守構造 : 不明(1592年築)、御三階櫓(1593年築)
遺構   : 現存天守、櫓、門、石垣、土塁、堀、移築能舞台\\\n廃城年  : 明治4年 (1871年)
指定文化財: 国の重要文化財(石川門、三十間長屋、鶴丸倉庫)、史跡
再建造物 : 菱櫓、橋詰門、橋詰門続櫓、五十間長屋





石川門(いしかわもん)
兼六園側に建つ石川門は、搦め手門(裏門)として重要な位置にあり、河北門、橋爪門と共に三御門の一つである。宝暦(1759年)の大火で消失したが、天明8年(1788年)に再建された。


石川門











河北門(かわきたもん)
三御門の一つである河北門は、大手から入り河北坂を上がって行くと見えてくる。宝暦の大火の後安永元年(1772)に再建され、明治15年(1882年)に撤去されるまでは金沢城の実質的な正門として役を果たしていた。現在の河北門は、平成19年11月(2007年)に着工し、平成22年4月(2010年)まで約2年半の歳月をかけて完成されたものです。


河北門





菱櫓(ひしやぐら)
平成13年(2001年)に復元されたもので、大手と搦手(からめて)を見張る物見櫓(ものみやぐら)としての役割を担っている。菱櫓の名の如く、面が菱形になっているのは、死角を少なくし視野を大きくするための様です。


菱櫓





五十間長屋(ごじっけんながや)
菱櫓と橋詰門続櫓を結ぶ多門櫓(たもんやぐら)で、 武器等を保管する倉庫として使用されていた。 内部では、日本古来の木造軸組工法を見ることが出来ます。


五十間長屋





もっと画像を見る。

金沢城のホームページへは こちら から





行ってみたいと思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4305

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜