多発性筋炎(再発後の経過127)

| コメント(8) | トラックバック(0)


プレドニン3錠(15.0mg)より4錠(20.0mg)に増量して141日目、CKはほぼ安定した状態を保ってきた、あとはミオグロビンだけだが今回はどうだ?


9/20 の採血結果
(2011/02/25 再燃して131週間)
(3度目の再燃により、プレドニンの量を 2012/11/05 に2錠(10mg)より3錠(15.0mg)に増量して180日、更に4錠(20.0mg)に増量して141日目の結果)


採血データを見るにはAdobe Readerが必要です。表示されない場合はこちらから入手できます。すぐにダウンロードする場合はこちらからどうぞ。


採血データを管理されたい方、この採血データ表で良ければこちらからダウンロード出来ます。


CK値(54.0→58.0)、ミオグロビン(70.0→73.0)と、双方とも若干上昇しているが、ミオグロビンは4週続けて2桁をキープ、CKは8週2桁をキープ、全く問題ないと言ったレベルでしょう。


ミオグロビン、CK共に安定してきたと言うところで、採血の頻度を各週から2週に1回と致します。


右大腿部と右膝にあった痛みが殆ど消えてしまいましたが、右大腿部の付け根部分の引っかかりは多少残っている。右肩の引っかかりは、依然良く成って来ない。


両手首内側の筋は、依然ピンピンに張った状態がまだまだ続いている。


後は、浮腫との戦いでしょう。これからは気温も低く成ってくるので、ちょっと楽に成ってくるとは思いますが。


プレドニンの量に対する症状の変化(免疫抑制剤を併用している方や個人差によって若干違って来るので参考まで)



ステロイドミオパチー

ステロイドミオパチーの終わりは、私の場合12.5mgまでの様です。一般的な目安は、10mg程度では無いかと思います。


ステロイドの事をもっと詳しく知りたい方は『ステロイドの体内での働き』を参照して下さい。





「私も散歩で浮腫解消だ!」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4312

コメント(8)

おくれてるかな〜(笑)

こんばんは、皆さん(^-^)
長文になるとおくれないみたい(泣)
皆さん体調いかがですか?

こんばんは、mickさん、皆さん(^-^)
お久しぶりです(^-^)
mickさん、痛みが今のところ治まっているそうで何よりです。私は相も変わらず痛みにたえながら日々を過ごしてます。黄体ホルモンの薬のお陰でおデブになりつつあるこの頃です(笑)筋肉はつかないのに脂肪だらけで困ってます。
最近少し寒くなってきたので痛くて(泣)夜が寝られないです。mickさんと同様、爆睡したいです!
トラムセットはじめられたんですね。効き目はどうでしょうか?私は副作用だらけでリタイヤしました(泣)効いたのも1日だけでしたよ。効くといいのにね(^-^)
私も帯状疱疹のあとが痛くて(泣)すぐ手をあててしまいます(泣)
皆さんも体調崩さないようにしてくださいね(^-^)

こんばんは、モクモクさん。
おひさしぶりです。コメント投稿できなくてごめんなさいね。最近スパムコメントが多発していたので、フィルタかけていました。その一部に引っかかっていたようです。フィルタリングをログ出力するようにして確認取れましたので、フィルタから外しました。
この外した分でまた、スパムが入るかも…
しつこくIPアドレスでフィルタかけるか。。。
トラムセット始めましたけど、一日も効果が出た日が無いので、服用量増やすこと無く断念しました。私には効いてくれる鎮痛剤が無いようです。(泣)副作用すら出ない始末です。(笑)
私も同じように手を当てて"手当て"しています。今のところ、この治療法しか無いみたいですね。(大爆)
今後も、我慢し続けますよ。
今年も風疹が流行しているようです。皆さんも充分に気をつけて下さいね。

初めて投稿いたします。私は2年前に血小板減少性紫斑病で入院し(ステロイド ネオーラル服用)その後帯状庖疹併発ー帯状庖疹後神経痛に移行 昨年は、皮膚筋炎併発 体が、何が何だか分かりませ。今は皮膚筋炎の治療をしながら、帯状庖疹後神経痛の痛みに耐えながら生きている状態です。

初めまして、吉男さん。
血小板減少性紫斑病の後皮膚筋炎ですか。これまた大変な病歴ですね。で… 私と同じくヘルペスですか。
多分今は、皮膚筋炎よりもヘルペスの方が辛いのでは???
私は、筋炎よりも4年間爆睡が出来ないヘルペスの神経痛の方が辛い感じですね。本当にこの神経痛は、成った方で無いと解りませんね。
今のところ、ステによる副作用は出ていませんか?
であれば… 少しは楽でしょうけど。
ここで愚痴の一つでも吐いて下さい。痛みを分かち合うことは出来ませんが、何らかの捌け口には成るかも?(笑)
それに、ステによる副作用の情報が少しでも聞くことが出来れば、今後訪れる方々の参考にも成ろうかと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。

mickさんへ
皮膚筋炎に関して処方されている薬はプレドニン10mgイムラン100mgタケプロン バクター配合薬エディロールカプセル リカルボン シルニジピンです。私は只今58才のジジ(( ^。^)サ^^ なので、パソコンはできません。この送信方法はプレステ3をインターネットに接続してゲーム機で送信しております。誤字脱字をおゆるしください。プレドニンの副作用としましては、*糖尿病*鬱病*高脂血症*高血圧*骨粗鬆症*間質性肺炎 *他 +歯の知覚過敏+ムーンフェイス+手指の皮膚の角質化+多汗+爪がボロボロ+皮が弱くなる〜他 副作用がないと言っておりましたが、献体検査を受けて、注意してください。私事ではございますが、3年前糖尿病の主治医を変えたのが、事の始まりでした。今まで服用していた薬をガラリと変えられアマリール他 の薬を飲んだ所、背中に真っ赤な発疹が発症して(これが皮膚筋炎の発病)その新たな主治医に薬疹ではないのですかと、訪ねた所 「薬は関係ない皮膚科へ行きなさい。」と言われ紹介状を書いてくれました。そして、その皮膚科で色々検査を受けましたが、原因がわからない。とのことでした。再び糖尿科の主治医の所へ行きやはり、薬のせいではないのですか と訪ねた所薬のせいではないと言われたので、再度病院を変えてみました。今度の糖尿病の主治医は帝京大学教授と言うことなので、安心をして今までの経過説明をして、薬を変えた貰いました。その後背中の発疹も消えましたが、その新たな主治医がもう一度変える前の薬を飲んでください。と言われもう一度飲む事になりました。そうするとまた背中に発疹が出て来て、その5日後に血栓性血奬板減少性紫斑病で6月〜8月まて入院しました。退院後9月には帯状砲疹を発病し免疫抑制剤を飲んでいた為悪化再び入院するはめになりました。長くなりますので、また投稿させて、ください。

吉男さん、こんばんは。
58歳? 私とタメですね、私もジジィです。(笑)
メチコバール、タケプロン、バクタは入院中私も服用していました。退院後、今の主治医はプレドニン以外の薬を止め骨粗鬆予防のためにロカルトロール(現在はエディーロール)の2種のみに変更されました。この処置には私も賛成で、服用しなくても良い薬は、なるべく服用しないようにするのが一番と言うのが主治医の考えです。
余計な薬は副作用を誘発する原因に成り、その為に薬が増えまたそれにより副作用が出てくると言った状態で、結局何の病気で治療しているのか解らなくなってしまうのが現状でしょう。
糖尿病、高脂血症などはプレを服用していたら数値としては直ぐに出てくるものばかりです。しかし、直ぐに正常値に戻るのも多々ありますので、今の主治医は直ぐには処方せず一呼吸置いて処置して下さいます。
なので薬が増えることが殆ど有りません。私もその治療法が心地よく安心して治療をお任せしているのが現状ですね。
間質性肺炎に関してはプレの副作用では無く、皮膚筋炎の合併症と言った方が良いのかも。。。
しかし、患者をモルモットのように考えている先生方ばかりですね。有っていない薬を、再度試すように服用させるなんて信じられない行動です。ここにコメントしてくださっているモクモクさんと同じ様な体験ですね。
掛かった医者で結果が大きく変わってくる。病院を選ぶのも患者にとって大切な事だとつくづくそう思います。

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜