多発性筋炎(再発後の経過146)

| コメント(7) | トラックバック(0)


プレドニン3.5錠(17.5mg)の隔日(18.75mg)を3.5錠(17.5mg)に減量してして26日目、次々に出てくる影響だが状態は良いのだろうか?


7/04 の採血結果
(2011/02/25 再燃して170週間)
6/08から3.5錠(17.5mg)に減量してして26日目の結果です。


採血データを見るにはAdobe Readerが必要です。表示されない場合はこちらから入手できます。


採血データを管理されたい方、この採血データ表で良ければこちらからダウンロード出来ます。


CK値(88.0→112.0)、ミオグロビン(86.4→105.2)、とCK、ミオグロビン共に3桁に上昇した。6月後半は仕事が過密だった為に、その影響だと言う事で間違いないでしょう。


多発性筋炎(自分に合ったCK値?)でも言いましたが、CKが100〜150の間辺りは体の動きが非常に良い。浮腫も殆どなく体が軽く感じる。


3.5錠(17.5mg)への減量後は、倦怠感は感じられないものの徐々に影響が出てきているのは感じる。前回も言いましたが、左手首の筋の張りが時に酷くなってきている。


最近は握力を使った場合のみならず、特に何もしていないにも関わらず手足の指が痙ることが多くなった。これまで何度も感じてきたことですが、ステロイドの1mg、2mgの影響を改めて痛切に感じます。


体が良く動く反面、手足の指の痙りも酷くなっていると言う奇妙な状態です。


ただ手足の指の痙りは一時的なもので、治まればまた普通に動いてくれるのだ。


ステ減量後の影響は、今のステの量に慣れるまで我慢するしか対処法は無いので仕方ないですね。


先日痛めた右大腿部の付け根の筋は、痛みも治まり小康状態を保っています。


まだ痛みが出ていない踵ですが、今のところ大丈夫のようです。右膝の痛みも今は小康状態を保っていて、時々「ボキッ!」と言う音は鳴りますが痛みは殆ど有りません。


前回のステ減量の時を思えば、本当に良い状態で現在まで来ていると言って良いのでは無いでしょうか。体の状態と時が許せば、ジックリ構えた減量に限るようですね。


状態が良いので、先生は引き続きステの量を減らしたいようですが、私の一存でこのまま続投を願い出ました。このまま17.5mgを暫くは続けたいと思います。



プレドニンの量に対する症状の変化

(免疫抑制剤を併用している方や個人差によって若干違って来るので参考まで)


ステロイドミオパチー

ステロイドミオパチーの終わりは、私の場合12.5mgまでの様です。一般的な目安は、10mg程度では無いかと思います。


ステロイドの事をもっと詳しく知りたい方は『ステロイドの体内での働き』を参照して下さい。


仕事を終えたステロイドの行く末を知りたい方は『ステロイドは、本当に蓄積されているの?』を参照して下さい。





「順調だな、頑張れ!」と思った方はクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ
にほんブログ村 病気ブログ 強皮症・皮膚筋炎・多発性筋炎へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4358

コメント(7)

こんばんは、皆さん(^-^)
mickさん、減量まずまずといったところでしょうか?私ももっと知識があって医師に抗議ができれば現在の私にはなってなかったように思います。それほど減量は慎重にやっていかなければいけないとつくづく感じます。この頃痛みが強いときは手のひらなどはピンク色になり熱をもちます。何故でしょうか?不思議です。みゆさんのおっしゃってる通り思い通りにはいかないものなんですね。キッチョンさん、焦らずのんびりと過ごしてください(^-^)/私も4月までは安定剤7年間飲んでいました。みんなの支えがあったからこそ私は安定剤をやめることができました。なるようになるさ〜です(笑)
皆さん、まだまだこれからが夏本番です。溶けないようにね(笑)みゆさん、関節痛はどのようにしのいでいますか?よい方法があれば是非教えて頂きたいですm(__)m

おはようございます。
モクモクさんの"手のひらなどはピンク色になり熱をもちます。"私の左の手首の症状と酷似していますね。
張りがあって腫れている時には、熱を持ってピンク色のように綺麗な色ではありませんが、赤黒い感じで多少の痛みを伴います。
モクモクさんの痛みとは比較になりませんが同様の症状が見てとれます。また、痛みは伴いませんが指の筋が張り、手のひらが赤く熱を持つこともあります。
こんな症状が出る時には毛細血管が拡張しているのか、多少のことで鬱血することが多くなったり致しますね。打ち身だけでは無く、角に押さえられたような状態が続いた時にでも。それに注射跡なんかでも内出血したり…
今も右の手首に、角に押しつけた後の大きな鬱血が出来ています。
これは何時どんな状態に時に成るのか、全く解らないので諦めています。(笑)

そろそろ梅雨明けですね。
皆さん、夏本番に向けて万全の体調管理を!

こんばんは。

暑いですね。
関東もいよいよ梅雨明けでしょうか?

ステロイドの服用量が減ってくると1ミリの影響をとても感じます。
今でも時々出先で昼食がとれない時に忘れるとしんどくて慌てて服用します。気のせいかもしれませんが暫くすると少し楽になるような。

モクモクさん関節痛ですが私は発赤は伴っていません。
でも身体のあちこち(骨と言ったらいいのかな)を触ると痛みます。
このところ両手の第二関節以降が痛くて動きが鈍いです。
じっとしていても痛いので出来るだけ動く様にしています。
私は泳ぐことになります。家事でも何でもよいと思います。

痛い痛いと思っていると神経がそこにだけ集中するので私はこの痛い状態が日常であることに慣れる努力をしました。
あまり参考にならなくてすみません。

こんにちは、皆さん。
各地で梅雨明けし、今年の最高気温を更新する真夏日が到来していますね。
仕事の量と、急激な温度変化に体が着いていけずに悲鳴をあげています。
健常者でも辛いこの季節の中、この体、この歳で良くぞ頑張っていると褒め称えてあげたいです。毎年自分へのご褒美に、山か海に行かせてあげているのですが、今年は盆休みが明けるまで難しいようです。
今年は、キャンプ無理かな?

ステロイドの飲み忘れ。
私の場合は、午後2時辺りを過ぎると風邪の前兆のような怠さが出てきて、それを過ぎると今度は筋や関節の痛みが出てきます。ここでやっと飲み忘れていたことに気づきますね。
服用後1〜2時間程したら痛みも治まり楽に成って来ます。みゆさんの仰るように、暫くして楽に成るのは気のせいでは無いようです。
今のところ、ステの減量をしているにも関わらず、痛みが酷くなっているところが無いのが幸いです。朝起きた時、私にも両手の第二関節以降の痛みは有りますが、暫く動かしていると回復するので、仕事への支障は出ていません。
しかし、以前のように減量と共に痛み出すのでしょうね。
でも動いている時の方が結果的には体が楽に成るようです。イラッとする程体の動きが悪い時も有りますが、それでも頑張って動くことが体にとっては良いようですね。
ではでは、皆さん暑さに溶け無いよう頑張って下さい。

こんにちは 皆さん
この暑さで半分溶けかかっています。
モクモクさんも みゆさんも mickさんもステロイドを中止したり減量しても色々な所に副作用と言うのか後遺症と言うのか痛みが出てきてどうにかならない物か考えさせられます。それぞれに模索はしていらっしゃると思いますが、みなさんで一つ一つ解決できれば良いのですが?
mickさん 本当にお疲れさまです。野丁場での仕事の大変さは身を持って経験しておりますので「銭金の問題じゃね〜」と放り投げたくなる時もしばしば在りました。熱中症にならないよう気を付けてください。

今晩は、

暑い中皆さん前向きに闘病生活おくってますね。
特にミックさん、キャンプですと?

蚊にかまれたりしません?

私は多発性キンエンになって、ステロイド使用する頃から 蚊に噛まれやすくなり、過去2回の多発性キンエンの入院の頃から ○○ マットがてばなせません。
なので、屋上でするビアガーデンなんかここ数年一度も行った事ありません。
まあ今年は勿論外食するのも面倒なんで、早く病気を寛解にしなければ。

今週末心療内科外来で、少しでも薬が減ればいいのですが。


お元気で暑いサマーを乗りきっていきましょうね。
んしゅうまつ

こんにちは。
本当に毎日暑い日が続きますね。
まだまだ始まったばかりの夏なのに、早く通り過ぎないかと願う毎日です。 と言うのも、昨年暮れに引っ越しした時には解らなかったのですが、クーラーがガス抜けしたようで、一番仕事して欲しい暑い日中に冷えなくなっていました。(泣)
取り付けた時は寒い冬だったので、よく冷えていたのに。当然か(大爆)
きっちょんさんは蚊に好かれているのですか?
筋炎に成って美味しくなった? (笑)
アルコール好きの方は元々蚊の好むガスを発するので刺されやすいようですが、きっちょんさんの場合はダブルパンチなのでしょうね。
虫除けの薬を全身にまといビアガーデンに…なんて色気の無い事できないか。ビール好きの方のビアガーデンほど楽しめる場所は無いのに残念ですね。
週末の心療内科、少しでも良い結果が出ますように。(祈)

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜