草津白根山(群馬)

| コメント(0) | トラックバック(0)


群馬県(吾妻郡草津町)の西北、長野県との県境に位置し、標高2160mの世界でも有数のpH1.0前後の酸性度が高い湯釜を持つ活火山です。


湯釜(ゆがま)は、直径約300m、水深約30m、水温約18℃の火口湖で、水に溶け込んでいる鉄イオンや硫黄などの影響で見える白濁した青緑色の湖水、現在は噴火警戒レベル2に引き上げられ火口(湯釜)から1km以内の入山規制の為に湯釜を見ることは出来ない。


湯釜(ゆがま)











白根火山ロープウェイが、草津国際スキー場を縦断する様に、山麓駅から山頂駅まで出ています。


白根火山ロープウェイ





山頂駅からは火口までシャトルバスが出ている。


白根火山ロープウェイ山頂駅





現在は2014年6月3日に出された噴火警報に依りレベル2(火口周辺規制)に引き上げられため、火口(湯釜)から1km以内はバスでの入山も出来ない状態と成っているので、残念ながら河口縁の展望台までは行く事は出来なかった。


草津白根山





見ての通り、山肌が白く見えることから白根山と呼ばれている。さしてその峰の向こう側に湯釜が有るのに、本当に行けなくて残念でした。


草津白根山





もっと画像を見る。

草津白根山の規制に関してはこちらからご覧頂けます。





「行って見たい!」と思った方はクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 IT技術ブログ 自宅サーバー構築へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://jisakupc.ddo.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4377

コメントする

最近のコメント

アーカイブ

今日
昨日

Links

ブログパーツ(無料)

インフォブログランキング
知識の杜